ブログ一覧

catch-img

CADデータを共同編集! 「Onshape」のHistory、Versionの使い方を解説



【Onshape で得られる主要なメリット】
・初期コストの大幅な削減
・ハードウェアに依存しない快適な作業環境
・データ管理の煩雑さから解放


こんにちは、エービーケーエスエスの横山です。

このブログでは「3D CAD Onshape」を使ってみた情報を連載しています。連載7本目になる今回はOnshape のデータ管理に関して調べてみた感想をご紹介します。

他にも「製造業/建設業に関する様々なITソリューション・最新ニュース」を中心に情報発信していきますので、ぜひ普段の情報収集や業務改善に活用いただけると幸いです。

Onshape は SOLIDWORKS出身者が開発したことで有名で、使用感が非常に近いのが特徴です。
SOLIDWORKS の特徴は残しつつ、多くのメリットが追加されました。

 Onshape検討の参考になると幸いです。


目次[非表示]

  1. 1.Onshape データ管理について
  2. 2.Onshapeの用語について
  3. 3.①CADシステムに完全統合された管理システム
  4. 4.②History と Version の概要
  5. 5.③History と Version (過去の状態を呼び出し)
  6. 6.④History と Version (機能の違い)
  7. 7.⑤ History と Version (Versionの作成)
  8. 8.⑥History と Version (比較)
  9. 9.おわりに
    1. 9.1.Onshape のトライアル・製品資料をご希望の方へ

 

 

 

Onshape データ管理について

 OnshapeはCADシステムにデータ管理システムが完全に組み込まれた環境となります


・PDMが完全に内蔵されておりシームレスなデータ管理を行えます     
・標準機能としてデータ管理機能を搭載しており、バージョン、ワークスペース管理に対応してます                         
・バージョンの他、Onshape上の変更内容が「履歴」としてすべて記録されています

解説Onshape


  

 

Onshapeの用語について


機能説明Onshape



今回はデータ管理の中でも肝となる、Document内で過去の状態を記録する History と Versionについて調査しました


 

 

 

①CADシステムに完全統合された管理システム

Onshapeは3次元CADとしての機能だけでなく、システムに完全統合された環境でデータ管理機能を利用できます


解説Onshape

[ここがポイント!]
Document内で過去の状態を記録するHistory、Version機能により、
複数の設計案の作成や過去の状態を再利用した設計が容易に行えます!

 

 

 

②History と Version の概要

DocumentのWorkspaceでは何か変更作業を行うたび、変更した時の状態を記録したHistory entryが自動作成され、Workspace内の変更がすべて時系列でHistoryに記録されます

解説Onshape

 

 

 

③History と Version (過去の状態を呼び出し)

一覧表示されるHistory entryまたはVersionを選択するだけで、その時点のWorkspaceの状態を即座に呼び出すことができます解説Onshape



[ここがポイント!]
ユーザー自身で保存等の処理を行うことなく、 行った変更内容は、すべてドキュメント内に記録され、過去の状態をいつでも呼び出して利用できます


 

 

 

④History と Version (機能の違い)

 History entry、Versionはいずれも特定の時点のWorkspaceの状態を記録していますが、それぞれ利用用途が異なります

解説Onshape




[ここがポイント!]
・History entry は作業を行うたびに自動生成されます                  
・Historyの中で意図的にVersionを作成することで、その状態を登録でき、さまざまな設計データの管理に活用できます。


 

 

⑤ History と Version (Versionの作成)

作業中のWorkspace、または過去のHistory entryを基に任意の時点で作成できます

解説Onshape



 

⑥History と Version (比較)

Versions and Historyの一覧から現在のWorkspace、Version、History entryのいずれか2つを選択し、各時点のWorkspaceの状態を比較できます

・比較対象はTab、Part Studio内のフィーチャー、Part Studio内のモデル
・アセンブリTabで行われた変更の有無は検出するが、構成の差異は表示されません

解説Onshape



 ここがポイント!
 現在・過去の状態を指定し、変更内容を視覚的に把握できます



おわりに

Onshapeは、従来のCADシステムと違い、PDMが完全に内蔵されておりシームレスなデータ管理を行えます。
 リビジョン管理などの一般的なPDMの機能に加え、同じドキュメント内で複数人で異なるバージョンの設計案を検討したり、変更をマージしながら設計を進めることができることが大きなメリットであると感じました。

このブログでは、今後も Onshape の他の機能もご紹介していこうと思います。

ご愛読いただく皆さまの有益な情報になると幸いです。


Onshape のトライアル・製品資料をご希望の方へ

フルクラウド3D CAD「Onshape」の無料トライアル・製品情報をご希望される方は、弊社のOnshape製品ページもチェック下さい。

もしくは、横山(keiichi.yokoyama@abkss.jp)までご連絡いただければ、詳細なご質問にもお答えが可能です。

横山
横山
エービーケーエスエスの横山です。 このブログでは「3D CAD Onshape」を使ってみた情報を連載しています。 他にも「製造業/建設業に関するITソリューション・最新ニュース」を中心に情報発信していますので、ぜひ普段の情報収集や業務改善に活用いただけると幸いです。
CONTACT

ICT&CAD/CAM/CAE/BIM/FAソリューション
お悩みはまとめてABKSSにお任せください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
各製品の体験版を
ご用意しています。
各製品のカタログを
ご用意しています。

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧