ブログ一覧

catch-img

ワークフローが劇変!?「Onshape」の要素検索機能の使い方を解説する



【Onshape で得られる主要なメリット】
・初期コストの大幅な削減
・ハードウェアに依存しない快適な作業環境
・データ管理の煩雑さから解放


こんにちは、エービーケーエスエスの横山です。

このブログでは「3D CAD Onshape」を使ってみた情報を連載しています。連載9本目になる今回はOnshape のデータ管理に関して調べてみた感想をご紹介します。

他にも「製造業/建設業に関する様々なITソリューション・最新ニュース」を中心に情報発信していきますので、ぜひ普段の情報収集や業務改善に活用いただけると幸いです。

Onshape は SOLIDWORKS出身者が開発したことで有名で、使用感が非常に近いのが特徴です。
SOLIDWORKS の特徴は残しつつ、多くのメリットが追加されました。


目次[非表示]

  1. 1.Onshape データ管理について
  2. 2.Onshapeの用語について
  3. 3.①Onshapeのドキュメント構成
  4. 4.②Onshape上での検索機能
  5. 5.③Workflowによるリリース管理
  6. 6.④オブジェクトのリリース
  7. 7.⑤ Workflowのテンプレート
  8. 8.⑥ Documentをグループ化するProject
  9. 9.おわりに
    1. 9.1.Onshape のトライアル・製品資料をご希望の方へ

 

 

 

Onshape データ管理について

 OnshapeはCADシステムにデータ管理システムが完全に組み込まれた環境となります。


・PDMが完全に内蔵されておりシームレスなデータ管理を行えます     
・標準機能としてデータ管理機能を搭載しており、バージョン、ワークスペース管理に対応してます                         
・バージョンの他、Onshape上の変更内容が「履歴」としてすべて記録されています

解説Onshape

<バージョンとは?>                        

バージョンとは、CADデータに加えられていく変更の履歴を保存しておき、後から特定のバージョンのファイルを呼び出せるようにしておくことです。                            特に設計チームでファイルを共有して作業していた場合、誰がいつどんな変更を加えたかといった情報が保存されていないと、トラブル対応や追加設計等のときに納入した時のCADデータを調べられなくなります。

  

 

Onshapeの用語について


機能説明Onshape

機能説明Onshape



今回はデータ管理の中でもバリエーション管理とシェアについて調査しました。

 

 

 

①Onshapeのドキュメント構成

「Document」とはクラウド上で作成・管理されるOnshapeのデータになります。
 Document内で部品やアセンブリ、図面等の要素を「Tab」として作成します。                               Onshapeは3次元CADとしての機能だけでなく、システムに完全統合された環境でデータ管理機能を利用できます


Onshape解説図

 


ここがポイント! 
DocumentはTabを格納する「コンテナ」であり、
デスクトップ型の「ファイル」のように実体を持つものではありません

 

 

②Onshape上での検索機能

Onshapeのトップ画面では、Documentをはじめ、Documentに含まれるPart Studio、Part、Assembly、Drawingの各要素を検索できます。



ここがポイント!
アセンブリや図面作成時にも検索可能
Document内ではDocumentに含まれるTabの検索機能を利用可能 



③Workflowによるリリース管理

Workflowを用いたリリース管理機能はバージョン管理システムに組み込まれており、Version内の部品、アセンブリ、図面等、任意のオブジェクトをリリースできます。

※ WorkflowはProfessional版、Enterprise版の機能になります。


ここがポイント!
リリース管理はDocumentやPart studio毎ではなく、Part等のオブジェクト毎に管理できます
リリース前にオブジェクトにPart numberを割り当てて、Company上でのユニーク性を確保できます



 

 

 

④オブジェクトのリリース

 リリース対象となるオブジェクトはVersion内のオブジェクトに限ります
Versionの異なる同一オブジェクトは、新たなPart numberを割り振って異なるオブジェクトとしてリリース、または同じPart numberでRevisionを変更して再リリースして管理ができます。


ここがポイント!
オブジェクトリリース後、新規Version内の同一オブジェクトではStateが初期の「In progress」になり、元のVersionと異なるStateとなります



 

 

 

⑤ Workflowのテンプレート

Workflowはリリース管理用(Release workflow)と、Obsolete管理用(Obsoletion workflow)の2種類のテンプレートが存在します。


ここがポイント!
・シェアの相手に対して編集可能もしくは読み取り専用の権限を与えることができます                                 ・シェア機能を使うと複数人での設計や、遠隔地の設計者とのやり取り、客先とのデータの共有も、クラウドならではのデータ共有と共同編集機能によってワークフローが完全に変わります                
・従来発生していた、ファイルコピーの問題やデータ送信の問題や、それにかかっていた時間を大幅に削減できます


 

⑥ Documentをグループ化するProject

Onshape上のDocumentをグループ化する機能になり、クラウド上の保存領域のルート(最上位)に作成できます


ここがポイント!                      
Professional版では初期に用意されているWorkflowのみ使用可能です
Enterprise版ではリリース管理・Obsolete管理用のWorkflowをそれぞれ作成/編集が可能です




おわりに

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。

 Onshapeは、従来のCADシステムと違い、PDMが完全に内蔵されておりシームレスなデータ管理を行えます。
 ワークフローを自動化して、部品、アセンブリ、図面のリリースとリビジョンを管理します。
Enterprise版では独自の プロセスに合わせたカスタム ワークフローを作成できます。
これらの機能を運用することで、設計者はリリース候補が承認されるのを待つ間、並行して設計を進めることができ設計業務の効率化につながると思います。
一般的な3DCADは、PDM製品を別途購入する必要のある機能ですが、Onshape の標準機能として組み込まれているため、追加の製品、インストール、IT 管理は必要ありませんのでコストメリットも大幅に見込まれると思います。

ご愛読いただく皆さまの有益な情報になると幸いです。


Onshape のトライアル・製品資料をご希望の方へ

フルクラウド3D CAD「Onshape」の無料トライアル・製品情報をご希望される方は、弊社のOnshape製品ページもチェック下さい。

もしくは、横山(keiichi.yokoyama@abkss.jp)までご連絡いただければ、詳細なご質問にもお答えが可能です。

横山
横山
エービーケーエスエスの横山です。 このブログでは「3D CAD Onshape」を使ってみた情報を連載しています。 他にも「製造業/建設業に関するITソリューション・最新ニュース」を中心に情報発信していますので、ぜひ普段の情報収集や業務改善に活用いただけると幸いです。
CONTACT

ICT&CAD/CAM/CAE/BIM/FAソリューション
お悩みはまとめてABKSSにお任せください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
各製品の体験版を
ご用意しています。
各製品のカタログを
ご用意しています。

人気記事ランキング

カテゴリ一覧

タグ一覧