ブログ一覧

catch-img

Onshapeってどんな使い心地なの?元設計者が「図面機能」を使ってみた

こんにちは、エービーケーエスエスの横山です。

弊社のブログでは「製造業/建設業に関する様々なITソリューション・最新ニュース」を中心に情報発信しています。
ぜひ普段の情報収集や業務改善に活用いただけると幸いです。


目次[非表示]

  1. 1.Onshape の特徴
  2. 2.図面機能を使ってみた感想
  3. 3.①図面機能一覧
  4. 4.②図面のインターフェイスについて
  5. 5.③ビューの作成について
  6. 6.④寸法について
  7. 7.⑤アノテートアイテムについて
  8. 8.⑥部品・アセンブリ参照について
  9. 9.⑦図面シートについて
  10. 10.⑧図面のプロパティ設定について
  11. 11.おわりに
    1. 11.1.Onshape のトライアル・製品資料をご希望の方へ


Onshape の特徴

Onshape は SOLIDWORKS出身者が開発したことで有名で、使用感が非常に近いのが特徴です。
SOLIDWORKS の特徴は残しつつ、多くのメリットが追加されました。

※詳細はOnshape 製品サイトをご覧ください。

【Onshape で得られる主要なメリット】
・初期コストの大幅な削減
・ハードウェアに依存しない快適な作業環境
・データ管理の煩雑さから解放


このブログでは「3D CAD Onshape」を使ってみた情報を連載しています。連載3本目になる今回はOnshape のアセンブリ機能を使ってみた感想をご紹介します。

ぜひ Onshape検討の参考になると幸いです。




図面機能を使ってみた感想

Onshape 図面は、パーツ、サーフェス、アセンブリ、またはスケッチの図面ビューを単一のシートまたは複数のシートにわたって作成します。投影ビュー、整列ビュー、ジョグ付きの断面、部分断面、詳細図、破断ビューおよびトリミングビューを作成します。
以上のように、部品やアセンブリ (板金展開図を含む) の生産準備が可能なドキュメントを作成できます。
図面には、ANSI および ISO 図面標準に準拠するように注釈を付けることができます。
なお、日本でのセールス開始から期間が浅く、現時点<2021年8月>ではJIS規格に対応しておりせん。今後のアップデートが期待されます。

以下のような流れで実際に使ってみた印象をご紹介していきます。



①図面機能一覧

まずは1番気になるのがコマンド一覧ですよね。
図面作成で必要な一般的な要素は網羅されています。
各種図面ビューの作成、寸法、幾何公差、溶接記号、テーブル、バルーンなど特に困る部分は発生しない印象でした。


機能表Onshape



②図面のインターフェイスについて

次は、図面のインターフェイスについてです。見た目はSolidWorksとよく似ています。
シートリストに作成したビューの情報が管理されリスト表示されます。
シート毎、参照モデル毎にソート表示の切替が可能です。

機能説明Onshape

[ここがポイント!]
 ドキュメント内に部品、アセンブリ同様、図面要素を作成できます
 3Dモデルに変更が生じた場合、更新ボタンを押すことで図面へ変更を反映可能
 1ドキュメントで3D、2D要素を作成、管理ができます


ビューの作成について

続いてビューの作成についてです。
一般的な3次元CADと同様、部品、アセンブリの3次元モデルを参照し、モデルを指定方向で投影して図面ビューを作成できます。

機能説明Onshape

機能説明


[ここがポイント!]
部品・アセンブリの他、サーフェス、スケッチ等を指定して図面上に投影可能
標準方向、および指定の方向へ投影ビューをはじめ、断面図、部分断面図、矢視図、詳細図、破断図、トリミング等の標準的な機能を搭載
1つの図面要素内に複数シートを作成可能。シートはツリー形式で表示

 

④寸法について

 続いて、図面機能の寸法についてです。
 一般的な3DCADの図面機能とほぼ同等の寸法を追加可能です。
 基本の「寸法」コマンドで長さ・直径・半径寸法の作成が可能です。

機能説明Onshape

機能説明Onshape


[ここがポイント!]
寸法編集用のダイアログを表示し、記号追加や公差の設定等を定義可能です

⑤アノテートアイテムについて

続いてアノテートアイテムについてです。
一般的な3次元CADの図面に搭載されている標準的なアノテートアイテムが搭載されてます。

機能説明Onshape


[ここがポイント!]
部品表、部品表を基にしたバルーン番号、データム記号、幾何公差、表面粗さ、溶接記号といったアノテートアイテムを作成できます
テキストやバルーンに対して部品のプロパティ、材料等の情報を関連表記できます

部品・アセンブリ参照について

次にテーブルについてです。
アセンブリ構成を基にした部品表の他、穴コマンドで作成された穴情報を表記する穴テーブル、カスタムテーブルの作成することができます。

機能説明Onshape

機能説明Onshape

[ここがポイント!]
 アセンブリ構成を基にした部品表を作成することが可能
 番号、個数、および部品の持つ部品番号、注記情報などを表示できます

⑦図面シートについて

次に図面シートについてです
クラウド上で公開されたシートのテンプレート.DWTを指定することで所定のサイズ、規格の図面を作成できます
(現時点(2021年8月)ではISOとANSI規格のみ対応)

機能説明Onshape


[ここがポイント]
 規格、言語、サイズ、単位系、小数点表示、図枠の分割数、タイトルブロックの有無等を設定した新規シートも作成可能

   

⑧図面のプロパティ設定について

次に図面のプロパティ設定にについてです。寸法やテキストのフォントサイズや色、ビューやフォーマット、テーブルの線の太さ、色等を設定することが可能です。

コマンドOnshape



おわりに

最後までお読みいただき誠にありがとうございました。
前評判どおり SOLIDWORKS の特徴は残しつつ、クラウドならではの使いやすさが追加されていました。

このブログでは、今後も Onshape の他の機能もご紹介していこうと思います。ご愛読いただく皆さまの有益な情報になると幸いです。


Onshape のトライアル・製品資料をご希望の方へ

フルクラウド3D CAD「Onshape」の無料トライアル・製品情報をご希望される方は、弊社のOnshape製品ページもチェック下さい。

もしくは、横山(keiichi.yokoyama@abkss.jp)までご連絡いただければ、詳細なご質問にもお答えが可能です。





横山
横山
エービーケーエスエスの横山です。 このブログでは「3D CAD Onshape」を使ってみた情報を連載しています。 他にも「製造業/建設業に関するITソリューション・最新ニュース」を中心に情報発信していますので、ぜひ普段の情報収集や業務改善に活用いただけると幸いです。
CONTACT

ICT&CAD/CAM/CAE/BIM/FAソリューション
お悩みはまとめてABKSSにお任せください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
各製品の体験版を
ご用意しています。
各製品のカタログ・資料を
ご用意しています。

Ranking
人気記事ランキング

Tag
タグ一覧