お役立ちブログ

最新のソフトウェア情報、最適なソフトウェア選択のガイドラインを提供いたします。

調達購買の課題とは?在庫最適化を図るツールについて解説



購買・調達部門は、商品の生産コストを抑えるだけでなく、生産スケジュールにも大きく関わり、企業の利益率に直接影響を与える重要な部門です。

生産する商品数が多いほど複雑化しやすいこともあり、 DX化による業務フローのアップグレードが特に必要とされる部門といえるでしょう。

本記事では、調達・購買プロセスの変革がもたらす「コスト削減」「時間の節約」について解説していきます。ぜひ最後までご覧ください。


このような方におすすめの記事です

  • 調達・購買を担当されている方
  • 調達・購買コストを削減したいとお考えの方
  • 調達・購買DXに関心のある方
  • 購買コストを安定させたい方


目次[非表示]

  1. 調達購買とは
    1. 調達と購買の違い
    2. 調達とは
    3. 購買とは
  2. 課題について
    1. 調達コストの安定化
    2. 過去データの活用
  3. 4つの活用メリット
  4. 調達・購買のコスト削減なら CADDi DRAWER がおすすめ
    1. ​CADDi DRAWER とは​
  5. 調達コスト削減に役立つ機能
    1. 類似図面の自動検出
    2. 発注情報の紐づけ
  6. CADDi活用事例2選
    1. 設計・購買間の連携​円滑化
    2. サプライヤー選定​の最適化
  7. おわりに

調達購買とは

調達購買

調達と購買の違い

調達と購買は異なる役割を待ちます。

調達はより広範なプロセスを、購買の役割はその一部を指すことが多いです。


調達とは

調達は、企業が生産に必要な資材やサービスを市場から取得するプロセスです。具体的には、サプライヤー選定、価格交渉、契約管理などが含まれます。


購買とは

購買は、企業が日常的な業務遂行に必要な商品やサービスを購入するプロセスです。具体的には、注文管理、支払い処理、取引記録の保持などが含まれます。



課題について

調達購買DX


調達コストは企業の利益率に直接影響を与えます。過剰なコストは利益を圧迫し、不適切な購買管理はリソースの浪費につながります。

そのため、購買・調達部門では、資材を確保しながらも予算や原価のコストパフォーマンスを向上させていくことが求められるでしょう。

人的リソースが限られる中で全体業務を効率化するには、DX化による業務フローのアップグレードが必要になります。


調達コストの安定化

調達・購買部門では、調達コストの変動が問題となることが多くあります。

調達コストの変動は「利益率の低下」「在庫管理の複雑化」「サプライチェーン不安定性」など、多くのリスク要因となります。そのため、調達コストの安定化は非常に重要な要素です。


過去データの活用

調達コストを安定させるには、過去の発注データを積極的活用することがおすすめです。

過去データを分析し、これからの発注に役立てることで「調達コストの削減」や「発注価格の安定化」を実現することが可能です。また、図面を探すためにかかる「時間の削減」にも役立ちます。


4つの活用メリット

調達購買DX

前の項目で、調達・購買部門における課題には、過去のデータ活用が役立つとご紹介しました。こちらでは、過去データを活用することにより得られる4つのメリットについて解説します。


1.サプライヤー選定を最適化できる

過去の発注データを分析することで、最もコスト効率の良いサプライヤー選定が可能になります。最適なサプライヤー選定は「品質管理の強化」「在庫最適化」にも繋がります。


2.図面流用により部品を標準化できる​

過去の図面データを分析することで、よりコスト効率の良い部品や素材で標準化できます。 共通部品や素材を使用すれば、大量購入による単価の削減も可能になります。


3.最適な購入量、価格、タイミングで調達が可能になる​

過去の発注データを分析することで、最適な購入量やタイミングを特定でき、コスト削減にも繋がります。

また、サプライヤーとの価格交渉時には、過去データを基にした具体的なコスト構造を提示できるため、より有利な条件での交渉が可能になります。


4.必要な図面が探しやすくなる

図面データと発注実績を統合することで、記憶を頼りに 大量のファイルやPDFから図面を探す、ということが無くなります。

設計部署に図面を印刷しに行く手間も省けますし、「印刷代の削減」にも繋がります。


調達・購買のコスト削減なら CADDi DRAWER がおすすめ



​CADDi DRAWER とは​

CADDi DRAWER(キャディ ドロワー)は、独自画像解析アルゴリズムを用いたクラウドベースの図面データ管理ツールです。製造業の重要データである2D図面を自動で解析し、構造化されたデータに変換して蓄積します。高精度の類似図面検索機能を提供し、設計、調達、生産部門のコスト削減と効率性向上を実現します。


●AI-OCR、類似図面検索

独自の画像解析アルゴリズム(特許出願中)による、形状類似図面を検索する機能をもちます。形状の特徴から類似図面を登録図面全体から検出し表示するだけでなく、差分なども表示されます。


●図面自動解析

登録した図面内のテキスト情報(部品名 / 材質 / サプライヤー等)をデータ化し、すぐに検索できます。また、読み取ったテキスト情報はエクセルとして出力も可能です。


●発注実績自動紐付け

発注実績データをCSV等で一括登録すると、図面の属性値をキーとした図面との自動紐づけが可能です。図面と合わせて発注価格とサプライヤーの情報をまとめて参照することもできます。

​​​​​​​



調達コスト削減に役立つ機能

調達・購買部門が直面する「調達コスト変動」という課題に対して、CADDi DRAWER(キャディドロワー)はどのように貢献するのでしょうか?

調達コストを削減し、時間を節約するためのCADDi DRAWERの便利な機能をご紹介します。


類似図面の自動検出

登録した図面内のテキスト情報(部品名 / 材質 / サプライヤー等)をデータ化することで、類似する図面を検索することが可能です。

目的の図面を入手するための時間短縮や、最適発注における属人化解消役立ちます。

この機能があれば、大量のファイルやPDFから記憶を頼りに図面を探すといった手間が省けるでしょう。


類似図面検索

One point

CADDi DRAWERは、類似形状、OCRテキストの検索精度の高さが特長的です。図面番号が異なる場合でも、加工実績のある図面や類似図面に容易にたどり着くことができます。


発注情報の紐づけ

発注実績データをCSV等で一括登録すると、図面の属性値をキーとして図面と自動紐づけを行うことが可能です。図面と合わせて発注価格とサプライヤーの情報をまとめて参照できます


発注実績との紐づけ

One point

図面データに過去の発注情報を連携させることで、見積もり選定や短納期時の高単価取引を避け、業務を効率化します。

CADDi活用事例2選

設計・購買間の連携​円滑化

情報共有やコミュニケーションの不足は設計と購買部門間での非効率な状況を招きます。

CADDi DRAWERで図面をデータ化することで、図面部品の最新状態を迅速に確認できるようになり、他部門へ確認する手間と時間の削減できます。プロセス全体の時間短縮の実現にも繋がりました。



サプライヤー選定​の最適化

図面番号が異なると、同じ材質・形状・加工精度の製品であっても、過去のサプライヤー特定が困難でした。

CADDi DRAWERの類似図面検索機能を利用することで、類似度の高い図面に基づいたサプライヤー選定が可能になりました。発注パターンの効率化によりコスト削減にも繋がりました。

調達購買DX

もっと活用例を詳しく知りたい方へ

CADDi DRAWERの基本情報や活用事例、ユーザー様の声などが網羅されたご紹介資料はこちらからダウンロードいただけます。


おわりに

本記事では、調達・購買部門のDX化の必要性について解説しました。

調達・購買部門における「コスト削減」と「時間節約」のためには、以下4つの理由から「過去の購買データ活用」が有効です。

  • サプライヤー選定を最適化​できる
  • 図面流用による部品を標準化できる​
  • 最適な購入量、価格、タイミングで調達が可能になる​
  • 類似図面が探しやすくする​

そして「過去の購買データ」を活用するために役立つツールとしては『CADDi DRAWER』がおすすめです。「類似図面の自動検出」「発注情報の紐づけ」などの機能により、設計・購買間の連携​の円滑化や、サプライヤー選定​の最適化などに役立ちます。

ご検討中の方は、無償トライアルをご用意しておりますので、ぜひお試しください。



無償トライアルのお申込みはこちら

デモ・無償トライアル・お見積りなど、CADDi DRAWERに関しては、こちらからお気軽にご相談ください。


何かお困りごとがあれば、お気軽にABKSSにご相談ください。お客様の課題をていねいにヒアリングし、豊富な選択肢の中からベストな解決案をご提案させていただきます。

お見積り・ご相談はこちら >>


CONTACT

ICT&CAD/CAM/CAE/BIM/FAソリューションなら
まとめてABKSSにお任せください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
各製品のカタログ・資料を
ご用意しています。

おすすめ資料

RPA活用

開催予定のセミナー

人気記事ランキング

Tag
タグ一覧

エービーケーエスエスとは
BIMセミナー
お役立ち資料