お役立ちブログ

最新のソフトウェア情報、最適なソフトウェア選択のガイドラインを提供いたします。

【2024年版】RPAツールおすすめ6選を比較|導入メリットや選び方を解説

RPAツール

現代のビジネスにおいて、RPA (Robotic Process Automation) ツールは非常に重要な役割を果たしています。RPAは、繰り返しの手作業を自動化し、業務効率を高めることが可能です。日本でも、多くの企業がRPAツールを活用しています。

しかし、RPAツールの種類が多すぎて何が最適なのか迷われている方も多いのではないでしょうか。本記事では、特に人気のある5つのツールを取り上げ「特長」「使用される業界」「導入にあたり注意したいポイント」について詳しく解説します。


このような方におすすめの記事です

  • RPAツールの導入を検討中の方
  • どのRPAツールを選べば良いか迷っている方
  • RPAツールの長所・短所を比較したい方


目次[非表示]

  1. RPAとは
  2. RPA導入メリット
  3. ツールの選び方
    1. 使用目的と適合するか
    2. エンドユーザーにとって使いやすいか
    3. 必要な規模までスケールアップできるか
    4. セキュリティ要件を満たしているか
    5. コストが見合っているか
  4. おすすめのRPAツール6選
    1. UiPath(ユーアイパス)
    2. Coopel(クーペル)
    3. Automation Anywhere
    4. Blue Prism
    5. WinActor
    6. BizRobo!
  5. おわりに


RPAとは

RPAはロボティックプロセスオートメーションの略で、ソフトウェアロボットを使用して、ルーチンプロセスを自動化する技術です。自動化により、手動で実行されていた繰り返しタスクやデータ入力、文書処理、顧客サポートなどの業務に掛けられていた時間や人件費を削減することができます。


RPA導入メリット

RPAを取り入れることで、以下のようなメリットがあります。

  • 生産性の向上
  • コスト削減
  • ヒューマンエラーの削減
  • 24時間体制の稼働


詳しくはこちらの記事をご覧ください

  RPAとは?サーバ型、デスクトップ型、クラウド型の違いとメリットを解説 RPAにはサーバ型、デスクトップ型、クラウド型という分類があるのをご存じですか。本記事ではそれぞれの特長や、自動化のメリットについて解説します。RPA(Robotic Process Automation)は、ビジネスプロセスの自動化に革命をもたらす技術です。これまでにかかっていた時間とリソースを削減し、人的ミスも最小限に抑えることで、効率化と生産性向上を目指しましょう。 株式会社エービーケーエスエス



ツールの選び方

最適なRPAツール選びのポイントはこちら5つです。これらを考慮して選ぶと良いでしょう。


  1. 使用目的と適合するか
  2. エンドユーザーにとって使いやすいか
  3. 必要な規模までスケールアップできるか
  4. セキュリティ要件を満たしているか
  5. コストが見合っているか


使用目的と適合するか

自社の業務プロセスや目的に対して、選択するRPAツールがどれほど適合するかを確認します。一部のツールは特定の業界や業務タイプに特化しているため、要件に最もマッチするツールを選択することが重要です。


エンドユーザーにとって使いやすいか

インターフェースの直感性は、実際にツールを使用するエンドユーザーにとって重要なポイントです。使いやすさは、ツールの適応速度と使用率に大きく影響します。


必要な規模までスケールアップできるか

小規模の導入から始めて、ビジネスが成長した際に必要な規模までスケールアップできるかどうかを確認します。選択するツールはビジネスの成長と拡大をサポートする柔軟性が必要です。


セキュリティ要件を満たしているか

RPAツールは、センシティブなデータを扱う場合が多いため、セキュリティは非常に重要な要素です。各ツールが提供するセキュリティ機能とその対策を評価し、規制遵守の要件を満たすか確認する必要があります。


コストが見合っているか

RPAツールのコストは、ライセンス費用だけでなく、導入、研修、メンテナンス、アップグレード等、全体のライフサイクルを通じて考慮する必要があります。これら全てを考慮に入れたトータルコストが予算内に収まるか確認します。




おすすめのRPAツール6選

多くの企業がRPAツールを活用していますが、その中でも、特に人気のあるツールを5つご紹介します。それぞれのツールには特長と短所がありますので、ご自身の業務環境に合ったツールを選択することが重要です。



UiPath(ユーアイパス)

Uipath

参照:https://www.uipath.com/ja


UiPath(ユーアイパス)とは、定型業務を自動化できるRPAツールで、グローバルで広く認知されています。

直感的なユーザーインターフェースと豊富な機能により、プログラミングスキルがなくても使いこなすことが可能です。また、コミュニティが非常に活発で、疑問や問題を解決するための情報が容易に入手できます。


業界ごとの活用例

UiPathは極めて汎用性が高いRPAツールで、その活用範囲は幅広く、様々な業界・業種で使用されています。


金融業
顧客データの入力や更新、クレーム処理、ローン申請の処理などの時間と労力を要する業務の自動化。また、内部監査やコンプライアンスを満たすための作業の自動化。
製造業
在庫管理、生産スケジューリング、購買発注処理、製品品質の監視などのルーチンワークの自動化。
ヘルスケア
患者情報の管理、予約管理、請求書処理、クレーム処理、医療記録の更新など、さまざまな管理業務の効率化。
IT
サーバーモニタリング、システムメンテナンス、テストの自動化、エラーレポートの処理など、IT関連作業を自動化。
小売業
顧客データの管理、在庫管理、販売レポートの作成、購買発注など、多くの日常業務の効率化。


詳細情報はこちら

  UiPath(ユーアイパス)|製品情報 - ABKSS 様々なシステムと連携して幅広い操作を自動化するRPAツール。デスクトップ上の事務作業はもちろん、Webアプリやブラウザからのデータ取得など、繰り返しの定型業務や大量のデータ処理を自動化し、生産性向上に貢献。 株式会社エービーケーエスエス

>>詳細情報・資料ダウンロードはこちら


Coopel(クーペル)

coopel

専門の知識がなくても利用できる初心者向けのRPAツールです。

  • 1アカウント5,400円/月からリーズナブルに利用可能(30日間の無料利用期間もあり)
  • 変数定義が不要など、初心者でもわかり易いUI
  • クラウド、ローカル両方でのロボット実行をサポート。
  • クラウドなのにExcelの自動化もしっかりサポート
  • 作成したシナリオを共有したり、部門/チームでの活用がしやすい


アカウント作成だけで30日間の無償トライアルを開始できます。ご希望の方はこちらのリンクからお申込みいただけます。

  Coopel https://console.coopel.ai/signup?agent=GWzG4TFajpVv1mV4


業界ごとの活用例

初心者でも使いやすいため、その活用範囲は幅広く、様々な業界・業種で使用されています。


営業推進

営業リスト作成、分析報告資料作成などの営業推進業務
人事
採用活動や入社受入事務処理、日々の労務勤怠管理などの手続き業務
経理監査
伝票チェック、データ入力 証票などの関連電子ファイル管理
総務
備品の管理・発注 オフィス管理 社内案内など多彩な業務
マーケティング
情報収集、分析、報告など マーケティング活動の多様な業務
コーポレイト企画
市場や競合の調査や企業情報の収集、分析、確認といった企画業務


詳細情報・資料ダウンロードはこちら

  Coopel(クーペル)|製品情報 - ABKSS 初心者の方でも簡単にロボット作成できるRPAツール。直感的なインターフェースによりマウスで簡単設定でき、変数定義も不要。 株式会社エービーケーエスエス



Automation Anywhere

Automation Anywhere

参照:https://www.automationanywhere.com/jp


 Automation Anywhereは、エンタープライズ向けの包括的なRPAソリューションを提供しています。AI機能を統合したRPAが特徴で、より複雑なタスクや意思決定を自動化することも可能です。


業界ごとの活用例

使用している業界は多岐にわたりますが、BPO、製造業、金融業などでよく使用されています。


BPO (ビジネス・プロセス・アウトソーシング)
顧客対応や請求書処理、データ管理などのルーティンワークを自動化による、業務の効率化と品質向上。
製造業
購買発注の処理、生産スケジューリング、品質管理の監視、在庫管理などの繰り返し作業を自動化。
金融業
顧客データの管理、ローン申請の処理、フロントオフィスやバックオフィスの業務、コンプライアンス遵守に向けた作業の自動化。
保険業
請求書処理、クレーム処理、ポリシー管理、契約更新の通知など、一部のルーチンワークの自動化による、効率と精度の向上。


>>詳しくはお問い合わせください


Blue Prism

Blue Prism

参照:https://www.blueprism.com/japan/


Blue Prismは、特にエンタープライズ向けに開発されたRPAツールです。ツールは安定性とセキュリティを重視し、規模の大きなビジネスでの利用に適しています。



業界ごとの活用例

業界は多岐にわたりますが、金融業界、ヘルスケア、保険業界など、データの取り扱いが重要視される業界でよく使用されます。


金融業
ローンの申請処理、不正取引の検出、顧客データの更新、コンプライアンス遵守に必要な作業など、時間と労力を要するタスクの自動化。
ヘルスケア
患者情報の入力・更新、請求処理、予約管理など、繰り返し発生する管理業務の効率化。
保険業
クレーム処理、ポリシーの更新、顧客データの管理など、一部のルーチンワークの自動化。
小売業
在庫管理、購買発注の処理、顧客情報の管理、販売レポートの作成などの日常業務の自動化による、業務の効率化と精度向上。
IT
サーバーモニタリング、システムメンテナンス、テストの自動化、エラーレポートの処理など、多くのIT関連の作業を自動化。


>>詳しくはお問い合わせください


WinActor

WinActor

参照:https://winactor.com/


WinActorは、日本のNTTデータが開発したRPAツールです。日本語ネイティブのツールであるため、日本のビジネス環境に適応しやすいというメリットがあります。



業界ごとの活用例

日本の企業や公共機関のニーズに合わせて開発されているため、日本国内での利用に特化しています。特に、ガバナンスが重要視される公共機関や金融業界、製造業などで使用されています。


金融業
銀行や証券会社における、口座開設の申請処理、顧客情報の更新、内部監査のためのデータ取得など、一部日常業務の自動化。
製造業
在庫の管理、生産スケジューリング、購買発注処理、品質チェックなどの繰り返しの作業の効率化。
公共機関
一部の行政手続きやデータ入力、レポート作成などの自動化。
保険業
クレーム処理、ポリシーの更新、顧客データの管理など、一部のルーチンワークの自動化。


>>詳しくはお問い合わせください


BizRobo!

BizRobo!

参照:https://rpa-technologies.com/products/first/

BizRobo!は、ユーザーフレンドリーなRPAツールで、プログラミングの知識が少ないユーザーでも簡単に操作できるという強みを持っています。使いやすさと高いカスタマイズ性により、各企業ごとのニーズに合わせた自動化を実現します。



業界ごとの活用例

銀行業界、保険業界、IT業界などで利用されています。


金融業
ローン申請の処理、フロントオフィスとバックオフィスの業務、コンプライアンス遵守に必要な作業、不正取引の検出など、時間と労力を要する作業の自動化。
製造業
在庫の管理、生産スケジューリング、購買発注処理、品質チェックなどのルーチンワークの自動化。
保険業
クレーム処理、ポリシーの更新、顧客データの管理など、一部のルーチンワークの自動化。
公共機関
一部の行政手続きやデータ入力、レポート作成などの自動化。


>>詳しくはお問い合わせください


おわりに


本記事では国内で人気のあるRPAツールを6つご紹介しました。それぞれのツールには優れた特長と注意したい点がありますので、自社の業務環境に合ったツールを選択することが大切です。ぜひ参考にしていただき、より効率的な業務運営の実現にお役立てください。

また、お見積り請求・デモ依頼などをはじめとしたご相談があれば、何でもお気軽にABKSSにご相談ください。お客様の課題をていねいにヒアリングし、豊富な選択肢の中からベストな解決案をご提案させていただきます。

お見積りご相談はこちら

>>詳しくはお問い合わせください


こちらの記事もおすすめです

  資料ダウンロード - RPA活用ガイド 「製造業/検査工程におけるRPA 活用ガイド」資料ダウンロードページです。RPAを活用して、検査工程を「数時間」から「数秒」に短縮しませんか。RPAの概要から、RPA導入で得られる成果、検査表システムのご紹介、実際の活用事例など幅広く説明いたします。 株式会社エービーケーエスエス


  RPAの失敗原因4選|成功事例に見る準備ポイントを解説 せっかくRPAツールを導入したのに「効果が出なかった」「思っていたよりも効果が小さかった」なんてことありませんか。今回は、RPAを導入する上での成功ポイントと失敗ポイントを説明します。 株式会社エービーケーエスエス
  RPAとは?サーバ型、デスクトップ型、クラウド型の違いとメリットを解説 RPAにはサーバ型、デスクトップ型、クラウド型という分類があるのをご存じですか。本記事ではそれぞれの特長や、自動化のメリットについて解説します。RPA(Robotic Process Automation)は、ビジネスプロセスの自動化に革命をもたらす技術です。これまでにかかっていた時間とリソースを削減し、人的ミスも最小限に抑えることで、効率化と生産性向上を目指しましょう。 株式会社エービーケーエスエス





CONTACT

ICT&CAD/CAM/CAE/BIM/FAソリューションなら
まとめてABKSSにお任せください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
各製品の体験版を
ご用意しています。
各製品のカタログ・資料を
ご用意しています。

おすすめ資料

RPA活用

開催予定のセミナー

人気記事ランキング

Tag
タグ一覧

エービーケーエスエスとは
BIMセミナー
お役立ち資料