お役立ちブログ

最新のソフトウェア情報、最適なソフトウェア選択のガイドラインを提供いたします。

2024年問題とは?建設業が直面する「人手不足」問題と解決策について

2024年問題


建設業界の2024年問題は、労働者不足、働き方改革関連法の改正などを背景とする社会問題です。

建設業界の転換点ともいえ、この課題にどのように対応するかが今後の発展に影響していくことでしょう。

本記事では、2024年問題に直面した建設業界がどうなるのか、具体的な影響と、それに対する対策や解決策についてわかりやすく解説していきます。


こんな方におすすめの記事です

  • 建設業界で従事している方
  • 建設業界で管理職に就いている方
  • 建設業界を取り巻く環境の変化について知りたい方
  • 2024年問題の内容と影響を理解したい方
  • 2024年問題の対応について知りたい方



IT補助金サポート


目次[非表示]

  1. 2024年問題とは
    1. 建設業界の2024年問題
    2. 働き方改革関連法改正による変更点
  2. 建設業が直面する問題
    1. 深刻な労働力不足
    2. 生産性の低さ
  3. 問題の解決策
    1. 労働力確保のための取り組み
    2. 先進技術の積極的導入
  4. おすすめITツールの紹介
    1. 労務管理ツール
    2. 勤怠管理ツール
    3. プロジェクト管理ツール
    4. 議事録作成ツール
  5. IT補助金の活用
  6. IT補助金の申請サポートならABKSSにおまかせ
  7. おわりに

2024年問題とは

2024年問題とは「働き方改革関連法」に起因する問題です。

一般的には「働き方改革関連法」は 2019年に施行されていますが、運送業、建設業、医師に関しては、早急な対応が困難であるという理由から5年間の猶予期間が設けられ、2024年4月1日から労働時間の上限規制の適用されることとなりました。

そのため時間外労働の上限が設けられ、これを超える場合には罰則が適用されます。

長時間労働が日常化している業界では、この変化による混乱やサービスの低下が懸念されています。


建設業界の2024年問題

2024年問題

​​​​​​​建設業界における2024年問題は「長期的な労働力不足」「技術革新の必要性」「働き方改革関連法改正」の3つの要因が重なり合い、業界全体に大きな影響を与えています。

中でも深刻なのが「労働力不足」です。生産性の向上と新技術の導入はもちろん、業界全体の構造変化や、新たな働き方の導入が求められています。




「週休2日制」の導入と長時間労働の是正が期待される中、”給料が減る” 可能性を懸念する労働者もいます。

建設業界の労働者の多くは、基本給に加え、残業手当や休日出勤手当など時間外労働による手当を含めた収入に依存しているといわれ、残業時間の減少によって手当の額が減り、結果として収入全体が減少する可能性もあるのです。


働き方改革関連法改正による変更点

働き方改革関連法改正により、労働時間の上限規制が厳格化されました。
改正後は、残業時間の削減や休日出勤の管理が厳しくなり、法定労働時間内で業務を終了しなければなりません。

●時間外労働の上限規制を導入

時間外労働の上限について月45時間、年360時間を原則とし、臨時的な特別な事情がある場合にも上限を設定します。

  • 運送業:時間外労働の上限が年960時間になる
  • 建設業:時間外労働の上限が年720時間になる
  • 医師:時間外労働の上限が年960時間になる(やむをえず上限を超える場合は年1860時間)


●年次有給休暇の確実な取得

使用者は10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対し、年5日について確実に取得させなければなりませ ん。


●中小企業の月60時間時超の時間外労働に対する割増賃金率引上げ

月60時間を超える時間外労働に対する割増賃金率を50%に引き上げます。


●「フレックスタイム制」の拡充

より働きやすくするため、制度を拡充します。労働時間の調整が可能な期間(清算期間)を3か月まで延長できます。


●「高度プロフェッショナル制度」を創設

職務の範囲が明確で一定の年収を有する労働者が高度の専門的知識等を必要とする業務に従事する場合に健康 確保措置や本人同意、労使委員会決議等を要件として、労働時間、休日、深夜の割増賃金等の規定を適用除外にできます。


●産業医・産業保健機能の強化

産業医の活動環境を整備します。労働者の健康管理等に必要な情報を産業医へ提供すること等とします。


●勤務間インターバル制度の導入促進

終業時刻から次の始業時刻の間、一定時間以上の休息時間(インターバル時間)の確保に努めなければなりません。


●正社員と非正規雇用労働者との間の不合理な待遇差の禁止

同一企業内において、正社員と非正規雇用労働者との間で、基本給や賞与などあらゆる待遇について不合理な差を 設けることが禁止されます。


参照:働き方改革関連法に関する ハンドブック(2023.02)https://www.mhlw.go.jp/content/001140961.pdf


36(サブロク)協定とは

36協定とは、労働基準法第36条に基づく労使間の協定で、法定労働時間を超える時間外労働や休日労働を可能にします。
労働基準法では、労働時間は原則として 1日8時間・1週40時間以内とされており、これを「法定労働時間」と言います。法定労働時間を超えて労働者に時間外労働(残業)をさせる場合には、以下の2つが必要です。

  • 労働基準法第36条に基づく労使協定(36協定)の締結
  • 所轄労働基準監督署長への届出

時間外労働の上限(限度時間)は、月45時間・年360時間です。臨時的な特別の事情がない限り、これを超えることはできません。


建設業が直面する問題


建設業界には「労働力不足」「生産性の低さ」といった差し迫った問題があります。 こちらでは建設業が直面している問題についてご紹介していきます。


深刻な労働力不足

建設業界では「労働力不足」が特に深刻です。理由としては以下が考えられます。


  • 子高齢化により、労働力として働ける世代の人数が減少している
  • 建設業界は過酷なイメージが強く、若者たちの業界離れが加速している

10年後には現在60歳以上の労働者たちの大量離職が予想されるため、人手不足の問題はよりいっそう深刻化するといわれています。

こうした状況下では、労働力を補うための働きやすい環境の整備はもちろん、人手不足の状態でも業務を遂行できるような仕組みを作っていかなければならないでしょう。


生産性の低さ

建設業界の「生産性の低さ」は、技術の遅れ、労働力不足、厳しい規制などにより引き起こされています。最新技術の導入が遅れているため、作業の自動化や効率化も進みにくい状況です。

最新技術の導入が遅れる理由としては以下が考えられます。

  • 中小規模の企業が多く、新技術への大規模投資が難しい
  • プロジェクトごとに性質が異なり、技術の標準化や適用が難しい
  • 新しい技術を活用するための再教育が難しい
  • 伝統的な手法に慣れているため、新技術に抵抗感がある


問題の解決策

2024年問題

建設業界は「労働力不足」「生産性の低さ」といった問題に直面しています。こちらでは、それを解決するための取り組みについてご紹介します。


労働力確保のための取り組み

未経験者でも容易に習得可能な建設機械の導入や、作業員の技能向上を目指した研修プログラムの充実化などがあります。

外国人労働者の受け入れ

建設業界における外国人労働者の受け入れ拡大は、国内の労働力不足を補填し、持続可能な成長を支えるために必要です。技術労働者の不足が深刻化している建設業界では、外国人労働者の積極的な利用が急務となっています。

若年層・女性の活躍推進

労働力不足が深刻化する中、若年層と女性は、これまで十分に活用されていなかった潜在的な労働力として注目されています。女性専用の更衣室やトイレの設置、若者向けの研修プログラムの開発、柔軟な勤務体制の導入など、働きやすい環境づくりが進められています。


先進技術の積極的導入

労働力不足の解消や生産性向上のために先進技術の積極的導入が求められています。ICTやAI技術、自動化・省人化技術の活用が業界全体で進められていることは、この課題を乗り越えるための重要なステップとなります。

ICTやAI技術の活用

ICTやAI技術の導入は、建設現場での作業ミスの減少や安全管理の向上、労働力不足の解消に寄与することから、建設業の生産性を飛躍的に向上させることが可能です。
たとえば、ドローンを用いて現場の空から進捗状況を把握したり、AIを利用して設計変更を即時に反映させることができます。これらの技術は従来の人手に頼っていた作業を自動化し、時間とコストの削減を実現します。

自動化・省人化技術の導入

自動化および省人化技術の導入は、近年悪化してきた労働力不足の問題を解消する重要な手段となっています。これらの技術は、人手に頼ることなく作業を行えるため、労働力不足によるプロジェクトの遅延や品質の低下といった問題を緩和する効果が期待されています。
建設業界では、これらの技術を取り入れることによって、不足する人手を補い、より効率的かつ安全に作業を進めることができるため、自動化・省人化技術の導入は避けて通れない課題と言えるでしょう。


おすすめITツールの紹介

2024年問題

建設業界では労働力不足と生産性の低さは大きな課題ですが、解決の糸口とされているのが「ITツールの導入」です。こちらではおすすめのツールをご紹介します。


DX(デジタルトランスフォーメーション)

日常の業務プロセスのデジタル化・自動化により時間とコストを削減することで、業務フローの改善や新たなビジネスモデルの創出を実現することを指します。
例えば、現場での作業進捗をリアルタイムで管理できるアプリケーション導入することで、プロジェクトマネージャーはオフィスから現場の状況を確認でき、適切な資源配分やスケジュール調整が容易になります。


労務管理ツール

労務管理システムの導入によって、建設業での労働時間の記録と管理を正確かつ効率的に行い、業界全体の生産性向上に寄与します。
例えば、手書きやエクセルによる管理を、労務管理システムに以降することで、時間外労働の自動計算や適切な手当の算出、働き方改革関連法の要件に基づく労働時間の上限管理が効率化されます。
これらのシステムによる管理の正確化は、法規制の遵守だけでなく、労働者の健康管理や適切な労働条件の確保にも繋がります。

具体的には、SmartHRfreee人事労務ジョブカンなどがあります。


勤怠管理ツール

勤怠管理システムの導入によって、企業は労働時間の管理を適正に行い、法令の遵守はもちろん、従業員の健康管理やワークライフバランスを実現します。従事する従業員の残業時間の削減や、より正確な労働時間の管理の実現、その延長として従業員の満足度向上にもつながります。

具体的には、ジョブカン勤怠管理KING OF TIMEジンジャー勤怠などがあります。


プロジェクト管理ツール

プロジェクト管理ソフトウェアの導入は、多くのステークホルダーが関与する建設プロジェクトの効率化と品質の向上に不可欠です。複雑なスケジュールとリソース管理により、コミュニケーションの円滑化を実現できることでしょう。
例えば、工程の遅延を即座に検知しリアルタイムで共有することで、資材の発注漏れを防いだり、工期短縮やコストを削減したりなどが可能になります。

具体的には、AsanaBacklogSlackなどがあります。


議事録作成ツール

議事録作成ツールは、AIによって会議の音声を自動的にテキスト化し、重要なポイントを要約して議事録を作成するシステムです。このツールを導入することで、手作業による記録の手間を省き、効率的な情報共有と文書管理が実現します。

具体的には、AI GIJIROKUNottaスマート書記などがあります。


2024年問題


IT補助金の活用

2024年問題

ITツールの導入は建設業界が直面する問題の有効な解決方法となる一方、費用面で中小企業にとって大きな負担となることが多々あります。


このような場合には、政府や自治体が提供するIT補助金を活用することによって、これらの技術導入のハードルを下げられるため、経済的な負担を軽減しつつ生産性の向上や作業効率の改善に繋げることが可能です。


IT補助金の申請サポートならABKSSにおまかせ

2024年問題

IT補助金の申請プロセスは複雑で、正確な情報と適切な書類の準備が重要です。また、書類の不備や対象外の経費は給付されないため、専門家による申請サポートを活用すると安心です。

エービーケーエスエスでは豊富な経験と専門知識を持って補助金申請のバックアップを行っています。無駄な時間や労力を省くことで、迅速かつスムーズに補助金を獲得するサポートを提供しておりますので、補助金をご検討されている方はお気軽にご相談ください。



おわりに

本記事では、2024年問題がもたらす建設業界への影響から具体的な対策までを解説しました。
建設業界は「人手不足」とそれに伴う「生産性低下」が深刻化しており、多角的な取り組みが求められています。中でもICTやAI技術、自動化・省人化技術の活用は、問題を乗り越えるための重要なステップとなるでしょう。
ITツールを導入する場合には当然初期費用が発生しますが、IT補助金を活用するなどして必要経費を削減することも可能です。複雑な書類申請は経験豊富な専門家の支援を受けることをおすすめします。


こちらの記事もおすすめです

  補助金と助成金の違いとは?おすすめ制度や受給までの流れについて解説【2024年版】 補助金と助成金の違いをはじめ、IT導入補助金・ものづくり補助金・小規模事業者持続化補助金の概要についてご紹介。書類の不備や対象外の経費は給付されないため、IT導入事業者などのサポートがあると安心です。 株式会社エービーケーエスエス
  文書管理システムとは?基本から導入メリット、おすすめ製品を分かりやすく解説 製造業や建設業では膨大な量の図面・文書が扱われますが、その管理に苦労していませんか?文書管理システムの基本から導入メリット、おすすめ製品と実際の活用事例について紹介します。 株式会社エービーケーエスエス
  BIM(ビム)とは?人気ソフトウェア徹底比較|国内シェア動向も解説【2024年版】 国内において人気のあるBIMソフトウェアの特長についてご紹介します。BIM導入を検討されている担当者の方や、これからBIMを勉強し始める方におすすめの内容です。 株式会社エービーケーエスエス



CONTACT

ICT&CAD/CAM/CAE/BIM/FAソリューションなら
まとめてABKSSにお任せください

お電話でのお問い合わせはこちら
各製品のカタログ・資料を
ご用意しています。
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。

おすすめ資料

開催予定のセミナー

人気記事ランキング

Tag
タグ一覧

エービーケーエスエスとは
BIMセミナー
お役立ち資料