ADS-BT for Revit

サービスの詳しい資料はこちら

Autodesk Revit上で天空率・日影計算・斜線逆日影計算を行う

adsbt_Revit_sub
BIMの普及に伴い、日影・天空率・斜線制限といった集団規定の高さ制限の解析もBIM上でシミュレーションできることが求められるようになりました。
Autodesk Revitアドオンシステム「ADS-BT for Revit」はAutodesk Revit上での、斜線・逆日影計算や日影計算、天空率計算が可能です。
高精度&高性能高さ制限解析システムとして評価を得ているADS-winの計算エンジンをそのままに、データ連携ではないアドオンシステムだからこそ実現できる 思考を妨げることのないシミュレーションシステムとして、企画設計をサポートします。

こんなお悩みを持つ方へおすすめです

  • Autodesk Revit上で斜線・天空率・日影計算を行いたい
  • ボリュームスタディを効率的に行いたい
  • Autodesk Revit​​​​​​​で日影、天空率の確認申請を行いたい

ADS-BT for Revitの特長

与条件設定

高さ制限解析を行う上で必要となる、敷地形状・与条件情報(道路幅員・用途地域・日影規制等) の設定を行います。敷地形状はAutodesk Revit​​​​​​​上での作図の他、画像データによるトレース、三斜求積図入力等多彩な入力が可能です。 都市計画上の用途地域・日影規制等は複数にまたがる場合なども設定も可能で、一括計算が可能となります。

斜線・逆日影計算機能

斜線制限(道路・隣地・北側・高度)及び日影規制(逆日影)を考慮した建築可能空間の計算を行います。斜線と逆日影を組み合わせた空間計算が可能で、逆日影は低層型・高層型の選択も出来ます。
3次元ビューでは各制限毎の色分け表示の他に、マスへ変換し建築可能空間を把握する事も可能です。また、入力した建物に対して斜線制限のチェックを行う「建物高チェック」では、斜線制限をオーバーしている部分を赤色で表示します。

斜線計算式機能


指定した点における、手協斜線制限の計算式及び斜線勾配を表示することが可能です。また。適用されている斜線勾配をマスオブジェクトにて可視化します。斜線計算式指定点および斜線勾配マスの色は「斜線逆日影計算」の凡例に準じて色分けして表示します。

日影計算

Autodesk Revitで作成されたモデルデータを利用した各種日影計算を行います。時刻日影・等時間日影計算では最小10㎜ピッチまで設定可能なメッシュ法と、生活産業研究所オリジナルの追跡法計算により高精度解析が実現可能です。また、3次元ビューでも等時間日影図が確認可能となります。規制ラインチェック機能では、日影規制ライン上における日影時間のチェックを行い、3次元ビューにて日影時間の過不足量が確認できます。

日照定規機能では、任意ポイントより日照定規を表示し、日影の影響部分が確認できます。日影計算における基準倍率表・建物高倍率表や特定点ごとの日影時間図リスト、表は製図ビューに出力します。

天空率計算

与条件設定を基に、天空率算定領域(適合建築物・計画建築物・測定点)を自動生成します。「JCBA方式」または「東京方式」に対応した設定が反映できるだけでなく、すべての天空率算定領域の一括計算が可能です。そのため、自動生成と一括計算により天空率解析の結果を求めるまでの時間が大幅に短縮され、スピーディーな設計に大いに役立ちます。
天空率計算の結果は、製図ビューに三斜求積図や位置確認表などの各種表を作成します。幅員が一定でない道路や、複数の地盤面がある場合も、「JBCA方式」に則した自動設定が可能です(一部対応できない場合もあります)
敷地形状や接道状況によっては複雑な設定が必要であった部分も、「簡易設定機能」を設け「JCBA方式」や「東京方式」を選択するだけで自動化できます。それにより、天空率算定の結果を求めるまでの時間が大幅に短縮され、設計業務をより効率的に行うことが可能になります。
CONTACT

ICT&CAD/CAM/CAE/BIM/FAソリューション
お悩みはまとめてABKSSにお任せください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
各製品の体験版を
ご用意しています。
各製品のカタログを
ご用意しています。