SOLIDWORKS Flow Simulation

サービスの詳しい資料はこちら

設計・解析のシームレス化を実現!
多彩な結果評価機能を搭載したアドイン
熱流体解析ソフトウェア

sw_flow_simulation_main
「SOLIDWORKS Flow Simulation」は、SOLIDWORKSに組み込まれた熱流体解析ソフトウェアです。SOLIDWORKS準拠の操作性で幅広い熱流体問題の検証を行うことができます。液体や気体の流れ、さらに固体との熱連成を解析することが可能です。配管の圧力損失、電子機器の温度分布、羽根車の回転挙動など、様々な現象を解析することができ、設計案の検証に最適です。

メッシュは、7段階の精度レベルを指定するだけの完全自動メッシュだけでなく、部分的にメッシュを細かくして精度を上げるメッシュコントロール機能も搭載しています。カットセル技術により曲面を含む複雑な形状でも柔軟に対応できます。

こんなお悩みを持つ方へおすすめです

  • SOLIDWORKSを利用して製品を設計している
  • 製品内の液体や気体の流れを確認したい
  • 流れによる圧力損失の影響を確認したい
  • 電子機器内の熱対策を検証したい
  • 熱流体解析を使ってみたいが難しそうで不安

SOLIDWORKS Flow Simulationの特徴

SOLIDWORKSに完全統合

SOLIDWORKSの画面内で、モデル作成から解析まで行うことができます。同じGUIで操作できるのでSOLIDWORKSをお使いの方であれば、すぐに解析を始めることができます。
SOLIDWORKS完全統合のため、設計コンフィギュレーションなどSOLIDWORKSのパラメータ機能を使用して複数の設計バリエーションとリンクさせることも出来ます。
solidworksに完全統合

豊富な解析機能

液体や気体の流れ、さらに固体との熱連成を解析することが可能です。配管の圧力損失、電子機器の温度分布、羽根車の回転挙動など、さまざまな現象を解析することができ、設計案の検証に最適です。

<多彩な結果評価機能>
・流跡線:流体の流れる経路をラインや矢印で可視化
・コンター、プローブ:計算結果を任意断面やサーフェス上に表示
・XYプロット:任意スケッチ上の計算結果を出力することが可能
・音響評価:任意時間・任意座標に対する周波数と音圧レベルの
グラフが 出力可能

解析事例(一部)
■流れの検証
・バルブ内流れ(圧力損失・キャビテーション)
・気体の混合(混合比率)
・ファン流れ(回転体・トルク・風量)
・自由表面(VOF法、気液の界面)

■熱の検証
・熱処理炉(ふく射・温度ムラ)
・LED電球(自然対流)
・照明装置(ふく射、ジュール熱)※ジュール熱の計算はエレクトロニクスオプションが必要
解析機能

設計モデルを忠実に再現するメッシュ

7段階の精度レベルを指定するだけの完全自動メッシュだけでなく、部分的にメッシュを細かくして精度を上げるメッシュコントロール機能も搭載されています。
カットセル技術により曲面を含む複雑な形状でも柔軟に対応できます。
再現メッシュ

専門分野に特化したオプションモジュール

■Electronic Cooling Module(電子機器向け)
「プリント基板」「2抵抗モデル」「ジュール発熱」「ヒートパイプ」機能が追加され、解析条件の設定を従来より詳細に行うことが可能です。
また、電子機器に利用される「セラミック」「ポリマー」「ICパッケージ」などの材料が従来ライブラリに追加されます。

■HVAC Module(空調設備向け)
「快適性評価指標」の機能が追加され、人間が感じる温冷感・不快感といった指標を取り入れることができます。
また、ライブラリが強化され、「コンクリート」「木材」「レンガ」などの建築関連材料が追加されます。
さらに、「ふく射計算機能」も大幅に強化され、電子機器への応用も可能です。
オプションモジュール
CONTACT

ICT&CAD/CAM/CAE/BIM/FAソリューション
お悩みはまとめてABKSSにお任せください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
各製品の体験版を
ご用意しています。
各製品のカタログを
ご用意しています。