invox電子帳簿保存

価格やサービス内容については、こちらからご相談ください

あらゆる国税関係書類を電子保存できるシステム

invox電子帳簿保存
invox電子帳簿保存は、請求書・契約書・領収書・納品書・検収書・見積書・注文書などあらゆる国税関係書類の「取引年月日・金額・取引先」をAI OCRとオペレータが自動でデータ化して、訂正削除の履歴や申請・承認の記録を残しながら電子保存する電子帳簿保存法対応の文書管理システムです。

こんなお悩みを持つ方へおすすめです

 

  • 対象書類の選定や運用の検討が大変
  • 現在の業務フローを極力変えずに対応したい
  • 電子帳簿保存法への対応に不安がある
  • なるべくコストを抑え、きちんと文書管理したい
  • 紙の保存はスペースコストがかかり、探すのも苦労する​​​​​​​

ICT&CAD/CAM/CAE/BIM/FAソリューションに関するお悩みは、まとめてABKSSにお任せください。

invox電子帳簿保存 の特長

invox電子帳簿保存①

選べるデータ化方法

検索要件の記録項目として必要な「取引年月日・取引金額・取引先」をデータ化。「セルフ入力」と「オペレータ入力」と「AI OCR」の3種類から書類のデータ化方法を選べます。

部門ごとの参照範囲指定や申請・承認ワークフロー、書類のグルーピングなどの機能が搭載されているため効率的な文書管理が可能です。また、日付や仕入先などさまざまな条件であいまい検索ができます。
invox電子帳簿保存②

業務フローは今までと大きく変わりません

メールやクラウドストレージと連携できるため、指定のフォルダに置くだけなど業務フローの変更を最小限に電帳法対応が可能です。

書類が電子化されたデータで届く場合は、PDFや画像データをアップロードするか、専用のメールアドレスをCcに入れて送ってもらうか、Googleドライブ等の専用フォルダに置くだけで取り込み、紙で届く場合は、スキャナや複合機でスキャンするだけで、データ化を始めることができます。ペーパーレスとなり書類の保存場所にも困りません。
invox電子帳簿保存③

電子帳簿保存法に対応

公益社団法人日本文書情報マネジメント協会(JIIMA)による「電子取引ソフト法的要件認証」と「電帳法スキャナ保存ソフト法的要件認証」を取得しています。

また、データ化の結果は、原本の画像と並べて確認でき、確認後は、電子帳簿保存法の要件に則って訂正削除の履歴を10年間保管します。
invox電子帳簿保存④

関連記事

CONTACT

ICT&CAD/CAM/CAE/BIM/FAソリューションなら
まとめてABKSSにお任せください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
各製品のカタログ・資料を
ご用意しています。