お役立ちブログ

最新のソフトウェア情報、最適なソフトウェア選択のガイドラインを提供いたします。

製造業の業務属人化リスクと改善方法|アナログ管理からの脱却で標準化を促進

製造管理のアナログ管理と属人化


人口減少と労働力の高齢化により、多くの企業が深刻な人手不足に直面しています。

デジタル化の導入でこのような問題に対処しようとする動きが活発ですが、思うように導入が進まない業界も多くあります。「製造業」もその一つで、高品質へのこだわり、デジタル化への初期投資とリスク、専門人材の不足などから、デジタル化の導入が遅れています。

この記事では、アナログ業務が直面する課題をふまえ、デジタル化することで得られる効果について解説します。ぜひ最後までご覧ください。


このような方におすすめの記事です

  • 組織の業務プロセスを見直したい
  • 「コスト削減」「業務効率化」の方法を探している
  • アナログ管理から脱却したい
  • 組織「属人化」が進んでいる


目次[非表示]

  1. アナログ管理のリスク​
    1. 属人化による情報集中
    2. 効率性の低下
    3. セキュリティと耐久性の問題
    4. イノベーションの阻害
  2. 主な原因​
    1. ​紙ベースのアナログ管理
    2. 業務が平準化されていない
    3. ベテラン依存の組織体制
  3. 解決ポイント
    1. デジタル技術の活用
    2. 情報の一元化
    3. 過去データの活用
  4. アナログ管理脱却にはCADDiがおすすめ
    1. CADDi DRAWER とは​
    2. 類似図面検索
    3. 図面自動解析​
    4. 発注実績自動紐づけ
  5. CADDiによる解決事例
    1. 装置機械のメンテナンス効率化
    2. サプライヤ選定の指標に​
  6. おわりに


アナログ管理のリスク​

製造業のアナログ管理と属人化

業務のアナログ管理によって想定されるリスクについてご紹介します。 このような事態に陥らないため、アナログ管理から脱却し、知識の共有、業務効率化などに注力すべきでしょう。



属人化による情報集中

アナログ管理は、特定の個人に情報やノウハウが集中する「属人化」リスクを高めてしまいます。作業担当者が不在だと「業務を行えない・やり方が分からない」といった状況に陥り、業務停滞や品質低下を招きます。退職した場合は、情報やノウハウを喪失するリスクもあります。


属人化とは?
特定業務に関する手順や状況などの情報が作業担当者しか把握できておらず、周囲に共有されていない状態を指します。 

一方で、業務フローやノウハウなどのナレッジが管理されていて、誰でも同様に業務に取り組める状態を「業務の平準化」といいます。


効率性の低下

データ整理や検索、共有に時間がかかるだけでなく、「入力ミス」や「情報の誤解釈」なども生じやすくなります。物理的な文書や手書き記録に依存するため、データや知識の共有が難しく、組織全体の生産効率が低下する問題があります


セキュリティと耐久性の問題

紙ベースの記録は、盗難や自然災害による破損リスクが高く、セキュリティやデータ耐久性の側面から問題があります。


イノベーションの阻害

アナログ管理は 組織全体で知識や情報が共有されにくく、イノベーションとなるアイデアや技術の浸透も困難です。新しいアイデアや技術の普及も遅れてしまうことがあります。


主な原因​

製造業のアナログ管理と属人化

アナログ業務の原因として考えられることは以下の通りです。このような体制を見直すことが必要です。



​紙ベースのアナログ管理

デジタル化されていない情報は共有が難しいため、属人化を促進してしまいます。情報共有システムがなく、紙ベースのアナログ管理が中心の場合、知識やスキルは特定の個人に依存しやすくなります。


業務が平準化されていない

業務プロセスが標準化されていないと、個人独自の作業方法が定着しやすくなります。過去実績を活用する環境が整備されておらず、技術の積み上げがなされていない場合、同じ過ちを繰り返すリスクもあります。


ベテラン依存の組織体制

経験豊富な社員に依存しすぎると、新しいアイデアや改善が見過ごされることがあります。また、新入社員や若手社員への十分な研修や教育を行わない場合も、経験豊富なベテラン社員への依存が高まるリスクとなります。


解決ポイント

製造業のアナログ管理と属人化

属人化を解決するためには、どうすべきでしょうか。解決のポイントを3つご紹介します。


デジタル技術の活用

まずデジタル技術を活用することが重要です。社内の情報アクセスの利便性が高まると、知識やノウハウが共有され、属人化解消や業務効率化に繋がります。

例えば、紙図面をデジタル化することにより、設計者に依存する情報をシステム内で共有し、他の部署でも有効に活用できるようになります。


情報の一元化

次に、企業内のすべての重要な情報を一元化することが重要です。情報が散乱しており、図面を探す・問い合わせる業務に大きな時間が掛かってしまう、とお困りの方も多いのではないでしょうか。

情報を一元化すると、関係者全員が必要なデータにアクセス可能になり、特定の個人に依存せずに済みます。知識の共有も促進されるので、イノベーション創出にも繋がります。


過去データの活用

過去の図面データや発注データから傾向を把握できるようになるため、個人の記憶に依存しないデータ駆動型の意思決定を実行できます。

また、設計部門では過去図面を参照することが可能になり、新規図面の作成にかかる時間と労力を削減できるようになります。



アナログ管理脱却にはCADDiがおすすめ

CADDi DRAWER

CADDi DRAWER とは​

CADDi DRAWER(キャディ ドロワー)は、独自画像解析アルゴリズムを用いたクラウドベースの図面データ管理ツールです。

製造業の重要データである2D図面を自動で解析し、構造化されたデータに変換して蓄積します。高精度の類似図面検索機能を提供し、設計、調達、生産部門のコスト削減と効率性向上を実現します。


  製品情報|CADDi DRAWER CADDi DRAWER(キャディ ドロワー)は、独自画像解析アルゴリズムを用いたクラウドベースの図面データ管理ツールです。製造業の重要データである2D図面を自動で解析し、構造化されたデータに変換して蓄積します。 株式会社エービーケーエスエス


類似図面検索

独自の画像解析アルゴリズム(特許出願中)による、形状が類似する図面を検索。形状の特徴から類似図面を登録図面全体から検出し表示します。また差分なども表示されます。

アナログ管理・属人化からの脱却

設計部門で

図面番号が異なる場合でも、加工実績のある図面や類似図面に容易にたどり着けます。大量のファイルやPDFから記憶を頼りに図面を探す手間が省け、目的の図面探索時間を短縮できます。

調達・購買部門で

ベテランも新人もスピーディに同一情報にアクセス可能で 、手配部品の情報探索時間を短縮できます。


図面自動解析​

登録した図面内のテキスト情報(部品名 / 材質 / サプライヤー等)をデータ化、すぐに検索できます。また、読み取ったテキスト情報はエクセルでも出力可能です。


設計部門で
AIにより図面上に書かれた手書き文字も含めて検索できます。キーワード検索が可能になり、探し出す時間も大幅に減少。流用図面の参照により、設計工数の削減や、部品の標準化を実現します。​


発注実績自動紐づけ

発注実績データをCSV等で一括登録すると、図面の属性値をキーとして図面と自動紐づけを行うこが可能です。図面と合わせて発注価格とサプライヤーの情報をまとめて参照できます。


調達・購買部門で

図面ごとに発注情報(サプライヤーの社名や金額など)も自動で関連付け可能なので、大量のファイルやPDFから記憶を頼りに図面を探すことがなくなります。経験の浅いメンバーでもサプライヤーが選定できるようになるため、属人化解消に役立ちます。


CADDiによる解決事例

装置機械のメンテナンス効率化

製造業のアナログ管理と属人化

背景:多くの装置機械や工作機械では、現役で稼働しているにも関わらず、手書きの紙図面が主流といわれます。そのため 部品が破損した場合、これらの機械に関する専門的な知識がないと、メーカーへの部品手配が非常に困難になります。


解決:まずは手書きの紙図面をデータ化し、保管します。CADDi DRAWER なら 品名や材質をキーワードにした検索や類似図面検索が可能なので、検索時間の短縮と社内フローの効率化が期待できます。


サプライヤ選定の指標に​

製造業のアナログ管理と属人化

背景:高齢化に伴い、加工職人の退職やサプライヤーの閉業が増加しており、調達・購買部門は新たなサプライヤー選定に迫られています。

サプライヤー選定には技術力、納期遵守、価格競争力などの要素を考慮し、最適な企業を見つけ出す必要がありますが、担当者の記憶頼りになっていることが多くあります。


解決:CADDi DRAWER なら、類似図面の製作実績を基にしたサプライヤー情報の分析・比較が可能です。データ駆動型の適切なサプライヤー選定ができるようになり、調達業務の属人化も防止できます。



もっと活用例を詳しく知りたい方へ
CADDi DRAWERの基本情報や活用事例、ユーザー様の声などが網羅されたご紹介資料はこちらからダウンロードいただけます。

CADDi DRAWER資料ダウンロード


おわりに

本記事では、製造業におけるアナログ管理のリスクと解決方法について解説しました。

紙ベースの管理が主流となっているため、業務の標準化が上手くいかず、ベテラン依存の組織体制となっていることが原因として考えられます。

解決のためには「デジタル技術の活用」「情報の一元化」「過去データの活用」がポイントになります。ここで役立つツールとしてはCADDi DRAWERがおすすめです。発注情報の紐づけや、類似図面の自動検出などの機能により、アナログ管理の脱却に貢献してくれます。

ご検討中の方は、無償トライアルをご用意しておりますので、ぜひお試しください。




無償トライアルのお申込みはこちら
デモ・無償トライアル・お見積りなど、CADDi DRAWERに関しては、こちらからお気軽にご相談ください。


お見積り請求・デモ依頼



こちらの記事もおすすめです

  調達 購買DX|調達コスト・時間ロスを削減する方法 コスト削減や時間節約を実現するには「過去の購買データ活用」が有効です。図面データを資産にする「CADDi」がおすすめです。 株式会社エービーケーエスエス
  Windows Server 2012サポート終了|クラウド移行とDropboxのメリットを解説 2023年10月10日にWindows Server 2012 サポートが終了となりました。発売当初と大きく様変わりした現在、旧式サーバーだと対応しきれない課題も。そこでおすすめなのが「クラウドストレージへの移行」です。 株式会社エービーケーエスエス
  図面・文書管理のデジタル化|ペーパーレスや属人化対策ならDropboxがおすすめ 製造・建設業の図面・文書管理をデジタル化し、生産性向上とコスト削減を実現。管理方法、Dropbox活用法、バージョン制御などを明解に解説。 株式会社エービーケーエスエス





CONTACT

ICT&CAD/CAM/CAE/BIM/FAソリューションなら
まとめてABKSSにお任せください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
各製品のカタログ・資料を
ご用意しています。

おすすめ資料

RPA活用

開催予定のセミナー

人気記事ランキング

Tag
タグ一覧

エービーケーエスエスとは
BIMセミナー
お役立ち資料