NCS/HEΛIOΣ(株式会社日積サーベイ)

サービスの詳しい資料はこちら

BIMで積算が変わる!
BIM対応、建築数量積算、見積書作成システム

ncs_main
「NCS/HELIOS」は、積算業務の効率化を追求し続け、約40年前よりNCSシリーズのパッケージ製品として全国約1000社を超えるゼネコン、設計事務所、積算事務所に販売している実績のあるシステムです。

建物用途としては、S造、RC造、PC、壁式はもちろん、改修工事など建物用途に影響されず対応できます。「NCS/HELIOS」は、ワンパッケージで構造、仕上げ、見積書まで一気通貫でのご利用が可能です。数量算出方法に関しては、国交省の公共建築工事標準仕様書、建築数量積算基準をもとに、数量が算出され、出力帳票も充実しており、数量根拠も明確に出力されます。

インタフェースとしては、「部材を選択して置く」感覚の配置操作で簡単かつシンプルな操作で積算数量の算出が可能です。

こんなお悩みを持つ方へおすすめです

  • 建築数量積算・見積業務をEXCELで行っている
  • 積算数量は外注しているため自社で数量が把握できていない
  • 複数の積算ソフトを使っているため作業効率が悪い
  • 古いバージョンのシステムを使っているので将来に不安がある
  • BIMの検討や導入をしているが、
    ​​​​​​​データ連携できず精度の高い積算数量が把握できていない​​​​​​​

NCS/HEΛIOΣの特徴

BIM連携

BIM連携(IFC形式、ST-Bridge形式)の強化を図ることで、建築分野でよく使われる様々なソフトウェアとの連動を実現。これまで工数が掛かっていたデータの入出力を大幅に軽減することが可能です。
helios01
helios02

構造積算

積算知識やCADの知識がなくても直感的に部材を配置できる操作性を実現。建築数量積算基準、国土交通省の標準仕様書に基づき自動計算されるので人為的なエラーも防ぐことができます。

■配置機能(RC,S造共通)
リストをもとに『部材を置く』感覚で積算知識を必要とせず、図面通りに直線、斜め、曲面など簡単自由配置が行えます。配置方法はCADの知識は必要としないので、部材を置くだけで、部材の連続条件など配置情報から自動計算されます。

helios03
■土工事自動計算
土工事は、配置された部材の断面サイズ、レベル情報から根切、埋戻、残土、盛土、ピット内体積、地業が自動計算されます。また、隣地境界における山留めの設定ができ、一次掘削、二次掘削(総掘・壺堀)等地盤の状況にあった掘削の設定ができ、精度の高い数量が算出されます。

helios04
■チェック
配置すればシステムが自動で軸組図、断面図、3次元ビューワを生成します。視覚的なチェックが可能ですので、確認したいところの断面を切って増打ちの確認、床レベル確認、3次元の断面で立体的な納まり等さまざまなチェックツールが準備されています。

■汎用(雑物)
定着金物、機械式継手、スリット材、ボイド、溶接金網、スリーブ、デッキ、耐火被覆等、 後で別に算出することなく自動算出することも可能です。
helios05

仕上積算

平面図のように画面上に外部仕上、内部仕上、間仕切等の部材を配置していくだけでリアルタイムに仕上材と数量を確認することが可能。数量を拾うという感覚から、図面を描くという積算方法への変化を実感できます。
■配置機能・表
構造積算同様に、平面図のように画面上に部材を配置します。外部仕上、内部仕上、間仕切、開口等が配置でき、配置すると同時に仕上材と数量がリアルタイムに確認できます。拾うというより図面を描く積算方法となります。 仕上配置数量は、CADのようにただ単に数量が算出するだけでなく、柱型、梁型、壁下地材、役物などが自動認識され、根拠も明確で、官公庁に提出できる数量調書が印刷できます。その他、表入力で配置寸法を利用して雑金属等の算出も可能です。 また、急な設計変更があっても仕上材や、部材を変更するだけですぐに変更にも対応可能です。

helios06
■PDF・DXF計測機能
設計図の図面データをシステムに読み込み、計測した寸法を利用することが可能です。データ形式はPDF、DXF、BMP、JPG、PNG、GIF、TIFFのデータを読み込んで計測することが可能です。毎回PDF等のデータを読み込まなくても、過去に計測したデータを保存でき、すぐに再計測することも可能です。

helios07

見積書・インターフェース

工種別見積システムを標準搭載、様々な数量・金額のシミュレーションを素早く行うことができます。 インターフェースではBIMをはじめ、PDF、DXF、Excel、CSVなど主要なデータ形式での入出力が可能です。
■工種別見積書
工種別見積システムを標準装備しており、数量・単価・金額の組み合わせを最大5種類設定でき、提出・NET・業者見積など、さまざまな数量・金額のシミュレーションが行えます。単価についても自社単価をExcelでメンテナンスができるので、Excelデータを読み込んで値入れすることも可能です。また、Excel見積書を読み込むこともでき、協力事務所、設備業者等の見積書やBCS.CSVデータの取り込みも可能です。

helios08
■インターフェース
インターフェースでは様々なデータの入出力が可能です。例えば計算書(集計表)CSV出力や変更前・変更後のVE等で使用できる差分集計出力、RIBC出力、BCS、Excel明細入出力、BIM関連ではIFC入出力、ST-Bridge入出力が可能です。またその他に鉄筋架台算出・定尺換算・部分別明細等のさまざまなオプション機能もございます。

helios09
CONTACT

ICT&CAD/CAM/CAE/BIM/FAソリューション
お悩みはまとめてABKSSにお任せください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
各製品の体験版を
ご用意しています。
各製品のカタログを
ご用意しています。