FlexSim

サービスの詳しい資料はこちら

工場建替え、ライン/レイアウト変更、設備更新、
工場内物流の部分最適・全体最適・快適を実現!

flexsim_main
「FlexSim」は生産ラインや倉庫内の配置など、現状分析から課題を発見し、
複数の改善案を数値・グラフなどの統計情報として可視化するソフトウェアです。
機能別標準ライブラリを搭載しているため誰でも簡単に使いやすく、軽量な3次元オブジェクトを用いることにより大規模レイアウトも軽い動作で検証することができます。また、円グラフやガントチャートなどをシミュレーションしながら数字を確認できるダッシュボードを搭載しており、状況を容易に把握することが可能です。
その他にも、フローチャート内のアクションをドラッグ&ドロップで構築することができるプロセスフロー機能やVR対応機能など、様々な機能を搭載しています。

こんなお悩みを持つ方へおすすめです

  • 機械の配置変更や新設備を導入して生産性を向上できるか検討したい
  • 目標生産数に対しての機械・作業員数を最適化したい
  • 作業員とAGVに置き換えたときに問題なく搬送できるか確認したい
  • 複数の作業員が通る動線を把握し、安全性を検証したい

FlexSimの特徴

3ステップでシミュレーションを
素早く作成できる

1. 標準のライブラリから人、ロボット、AGV、コンベア等の
3次元オブジェクトをドラッグ&ドロップで配置
2. 3次元オブジェクトに処理時間や速度を入力
3. 自動で稼働率や生産量をグラフと数値で可視化
3ステップ

シミュレーション結果の同期

結果をシミュレーションの動きと連動して作業者、機械の稼働状況、生産数などがグラフ等で表示できます。また、結果はCSV、HTML、PNG形式で出力できるのでエクセル等のツールで加工して活用できます。

最適搬送

搬送工程を担うリソース(人・AGV・ロボット等)を簡単に置き換えができ、リソースを変更した際の搬送工程の変化を容易に検証できます。
最適搬送

最適動線

複数の作業員が通る動線を把握して、安全性の検証が行えます。
FlexSimには、一般的なカーナビやゲームなどに使われている経路計算機能が搭載されています。それに基づき、障害物を考慮したルートが表示できます。
作業員は障害物をよけて進むので、より現実に即した時間計算が可能になります。よく通る場所をヒートマップで色分け表示することで危険個所を特定できます。
最適動線

最適な設備レイアウト検討

機械の配置換えや、新設備導入の際の生産性を上げる検討に活用
できます。
設備レイアウト

リソースの最適化

目標生産数に対して、機械・作業員などの配置や人数の最適化を検討
するための機能が充実しています。
例えば、実験ツールを使用することで複数の検証データを簡単に作成
できるため、作業員の必要人数の比較検討ができます。
後述のオプティマイザー機能を使用することで、複数条件を加味した
最適な結果を導き出すこともできます。
リソースの最適化

計測データを適切な確率モデルに自動変換(エキスパートフィット)

計測済みのデータがあれば、そのデータをFlexSimに読み込ませることでFlexSimが持つ確率モデルに自動的に当てはめることができます。
独自の確率モデルをベースにシミュレーションを行うことで精度の高い検証ができます。
エキスパートフィット

エージェント機能

「人」モデルに対してソーシャルディスタンスを設定し、その領域に内に人同士、または人と周辺設備が入いる場合の振る舞いを細かく定義することができます。
CONTACT

ICT&CAD/CAM/CAE/BIM/FAソリューション
お悩みはまとめてABKSSにお任せください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
各製品の体験版を
ご用意しています。
各製品のカタログを
ご用意しています。