SOLIDWORKS Simulation

サービスの詳しい資料はこちら

タブの切り替えひとつで設計⇔解析を行える!
スタディ複製機能や結果比較機能などを搭載

SWsimulation_main
「SOLIDWORKS Simulation」は、SOLIDWORKSに組み込まれた有限要素法構造解析ソフトウェアです。作成したモデルをCADと同じGUI上で直接解析が実行できます。直感的なUIのため、設計者は初期設計の段階にデスクトップ上で納得いくまで最適な形状を追求することができます。試作を減らし、CAEで設計精度を高めることにより、短納期・低コストで高品質の設計が実現可能です。

完全オートメッシュ、アダプティブP法などで、手軽に高度な計算精度が得られます。また、アセンブリモデルも多様な設定(接触条件・結合条件・摩擦効果・大変位接触等)を用い、動きや変形の大きな解析も精度よく検証できます。線形静解析から固有値・座屈解析、熱伝導解析、さらには非線形解析まで幅広い解析機能を搭載しています。

こんなお悩みを持つ方へおすすめです

  • SOLIDWORKSを利用して製品を設計している
  • 製品の強度や寿命を確認したい
  • 使用時の変形量が許容範囲内に収まるか確認したい
  • 振動による変形や固有値を確認したい
  • 構造解析を使ってみたいが難しそうで不安

SOLIDWORKS Simulationの特徴

SOLIDWORKSに完全統合

SOLIDWORKSの画面内でモデル作成から解析まで行うことができます。
同じGUIで操作できるのでSOLIDWORKSをお使いの方であれば、すぐに解析を始めることができます。
SOLIDWORKS完全統合のため、設計コンフィギュレーションなどSOLIDWORKSのパラメータ機能を使用して複数の設計バリエーションとリンクさせることも出来ます。
完全統合

メッシュ作成機能

■豊富なメッシュタイプ
多様な形状に対応できるソリッドメッシュ・シェルメッシュ・ビームメッシュの3種類を搭載しています。
同じモデル内で計上ごとにメッシュタイプを選択して混在メッシュ作成も可能です。

メッシュタイプ
■高精度なメッシャー
3種類のメッシャーを選択できます。

 <標準メッシュ>
 設定したメッシュサイズになるようにできるだけ均一なメッシュを
 作成するメッシャー

 <曲率ベースメッシュ>
 曲率な高い部分や小さいフェイスのメッシュを自動で細かくする
 メッシャー

 <ブレンド曲率ベースメッシュ>
 曲率ベースメッシュと同じく自動でメッシュを細かくする機能に
 加え、半分程度に要素数が抑えられている為、解析時間を抑える
 ことができる
高精度なメッシャー
■アダプティブ法搭載
 <アダプティブH法>
 応力エラーが出る箇所をメッシュを細かくすることで改善
 
 <アダプティブP法>
 応力エラーが出る箇所を要素の次数を上げることで改善

便利な機能

■スタディ複製機能
・異なるコンフィギュレーションへのスタディのコピーが可能
・複数形状で同条件の解析を行う際に同じ解析条件を再度設定
する手間が省ける
■結果比較機能
・複数の解析結果を分割画面で表示し、結果を比較することが
できる
・解析結果を元に設計形状を検討する際に便利
結果比較機能
■結果比較機能
・複数の解析結果を分割画面で表示し、結果を比較することが
できる
・解析結果を元に設計形状を検討する際に便利
■不安定部品の検出
・拘束不十分な部品を検出し、アニメーションで確認できる機能
・不安定部品による解析実行エラーが起こった際の原因追及に
便利
不安定部品の検出
■トポロジースタディ(Professional/Premium機能)
・部品単体での線形静解析挙動に対するトポロジー最適化が可能
・指定した体積を削減し、より剛性の高い好適な形状を自動で
算出できる
トポロジースタディ
CONTACT

ICT&CAD/CAM/CAE/BIM/FAソリューション
お悩みはまとめてABKSSにお任せください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
各製品の体験版を
ご用意しています。
各製品のカタログを
ご用意しています。