SOLIBRI

サービスの詳しい資料はこちら

ルールベースのチェックによってBIMデータの精度を高め、
より価値のあるBIMデータの作成・活用をサポート!

solibri_main
「Solibri」はBIMモデルの品質向上を目的とし、設計および施工プロセスの生産性を高めるソリューションです。BIMアプリケーションのIFCフォーマットを介して互換性を高めるプロセスを利用し、これまで人手で行っていた検図業務を3次元モデルにより自動で検図するシステムです。

企画・設計・施工・維持管理のワークフローで使用される意匠・構造、または設備モデルを統合し、Solibriに予め登録した条件に従って干渉箇所検出や必要クリアランスの確保、データが正しく入力できているかを検査し、問題がある箇所を一覧表示、レポート出力を行うことができます。

その結果、モデル間の不整合削減、見落としミス削減、作業時間削減、作業要員削減、用紙削減など、検図・修正業務における効率化が見込め、BIMのメリットを最大限に生かすことができます。

こんなお悩みを持つ方へおすすめです

  • BIMで作成したモデルの干渉、不整合箇所を自動的にチェックしたい
  • 規制や品質基準などのデザイン要件を満たしているか確認したい
  • モデルの統合から現場での打合せ資料の作成まで行いたい

Solibriの特徴

整合性と品質の保証

意匠・構造、設備などこれらの要素は、異なる部門/会社、また異なるツールを用いて入力されています。 主要なBIMアプリケーションのIFCモデルを読み込み、表示、干渉チェック、整合性チェック、空間分析、アクセシビリティ分析などを実行し、分かりやすいレポートを作成することにより、品質保証を可能にします。
整合性と品質の保証

問題点の検出とデザイン・仕様チェック

設計の不整合をゼロにすることを目的に、チェックルールを作成することにより、作成したモデルが設定されたルールに準拠している有効なBIMモデルであるのかなど、問題点を明示します。
干渉や法規的なチェックだけではなく、ドア幅、各要素の仕様、範囲内の必要寸法など、一定の基準を設定することにより、これらのチェックを自動的に行います。 発見された問題を目的別に、かつ自動的に分類整理します。
また、これらのチェックルールをカスタマイズすることが可能であるため、法規や社内標準に合わせて設定したルールに従ってモデルが作成されているかをチェックすることも可能です。

問題点の検出
仕様チェック

カスタマイズ可能なルールセット

『ルールセットライブラリ』として、BIMモデルチェック/分析のパイオニアであるSolibri社が、これまで培ったノウハウに基づき作成した膨大な数のルールセットをが標準装備されています。ルールセットは様々な条件設定や組み合わせにより、カスタマイズ可能です。
ルールセット
CONTACT

ICT&CAD/CAM/CAE/BIM/FAソリューション
お悩みはまとめてABKSSにお任せください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
各製品の体験版を
ご用意しています。
各製品のカタログを
ご用意しています。