CheX

サービスの詳しい資料はこちら

建設業向け「図面閲覧」クラウドサービス

chex_main
「CheX(チェクロス)」は、操作が非常に簡単な建設ドキュメント閲覧・共有アプリです。
図面の閲覧だけでなく、メモや写真の記入、関係者との共有、自社書式のExcel帳票の作成・編集などがタブレット上で行うことができます。
CheXは、様々な立場の利用者がいることから、「アプリとしてできることの数を増やすことよりも、誰でも簡単に使えて高い効果が出ること」に焦点を合わせた開発方針を取っています。2011年リリースというこの分野の草分け的な存在であり、大手~中堅ゼネコンを中心に、毎月国内外の10000以上のプロジェクトで利用されています。

こんなお悩みを持つ方へおすすめです

  • 資料を取りに行く手間と時間を省き、ペーパーレス化を促進したい
  • 帳票作成作業を効率的に行いたい
  • 現場で写真やメモなどの情報をわかりやすくまとめたい

CheXの特徴

プロジェクトの関係者全員で情報共有

「CheX」は図面や書類を一元管理することができます。
プロジェクトに関わる人が同じ情報を共有し画面上で報告や確認ができるので、打ち合わせ時間の削減だけでなく、ペーパーレスにも大きく貢献します。

図面を更新すると自動でメールを送信できるので、情報伝達のタイムラグをなくし連絡漏れも防止できます。

常に最新の情報や図面を表示するので、古い図面が原因となる工期遅れの防止にも繋がります。

図面や書類を一元管理

詳細な図面データをストレスなく表示します

スクロール、拡大、縮小がスムーズで、左右回転も可能です。
寸法などの数値も読みやすく、ストレスなく図面を閲覧することができます。

画面表示

重たくてかさばる図面も手軽に持ち運び

大量の図面や関係書類を全てCheXで管理できるので、持ち運びの負担を大きく減らせます。
ダウンロードしておけばどこでも閲覧可能で、地下などの通信状況の悪い環境でも作業ができます。

図面の持ち運び

メモ機能で明確かつ簡単に情報を伝達

手書きメモでサッとメモを取ったり、図面の変更箇所を枠で囲ったり、注意が必要な部分をマークすることができます。
テキストメモを使用すれば、付箋のようにメモを貼り付けられます。写真貼付と組み合わせて現場で帳票を作成することも可能です。

情報伝達

施工状況の写真も共有

図面のポイントを指定して現場の写真を撮影、その場で保存します。写真は図面上のポイントごとにされ、図面と同様に閲覧可能です。
オフィスPCでの印刷やダウンロードも可能で、現場に出向かなくても工事の進捗状況や施工状態を確認できます。

写真の共有

図面の差し替えやファイルを探すのも簡単に

図面や文書は関連するプロジェクト、書類ごとにフォルダで分類します。図面の差し替えや、目的の資料を探すのも簡単になります。
フォルダ分類

Word・Excel・PowerPointで作成された
文書も表示可能

WordやExcel、PowerPointで作成されたOffice文書に対応しているので、作業指示書や報告書、工程表などパソコンと同じように
レイアウトを崩さず表示できます。

Office文書に対応

CADファイル・BIMファイルも表示可能

CAD/BIMファイルの表示も可能です。(BIMは有償オプション)
CADは、DWG、CADWe’ll Tfas、Jw形式(jwc/jww)、Rebro、CADEWA, BIMはifc形式(RebroおよびTfasから出力したもの)、Revitに対応しています。
BIMオプションについては、以下よりお問い合わせください。

CAD/BIMファイルに対応
CONTACT

ICT&CAD/CAM/CAE/BIM/FAソリューション
お悩みはまとめてABKSSにお任せください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
各製品の体験版を
ご用意しています。
各製品のカタログを
ご用意しています。