ブログ一覧

catch-img

Archicadとは? 選ぶメリット・使うべき人の特徴をわかりやすく紹介

国内のBIMソフトで多くのシェアを占めるArchicad(アーキキャド)は、どうしてこれほど人気が高いのかご存じですか?  

中には「Archicadを選んで本当に後悔しないか」「人気はあるが、自分には合っているか不安」なんて思う方もいるのではないでしょうか。

この記事では「Archicadで出来ること」「Archicadを使うべき人の特徴」を説明しています。

お読みいただくことで「Archicadを選ぶメリット」を理解いただけましたら幸いです。


目次[非表示]

  1. 1.Archicadとは
    1. 1.1.体験版はある?  無料で使える?  
    2. 1.2.購入価格
  2. 2.Archicadで出来ること
    1. 2.1.建築プロジェクトの円滑化
    2. 2.2.優れたビジュアリゼーション機能
    3. 2.3.多くの解析ツール
    4. 2.4.自由な設計デザイン機能
  3. 3.Archicad はこのような方々におすすめ
    1. 3.1.建築設計者
    2. 3.2.エンジニア
    3. 3.3.建設会社・施工関係者
    4. 3.4.オーナー、クライアント
    5. 3.5.地方自治体
    6. 3.6.プロジェクトに関わる人すべてに使ってほしい!
  4. 4.Archicadを実際に操作するなら無料セミナーに参加しよう
  5. 5.おわりに

Archicadとは

Archicadは国内でもっとも人気のあるBIMソフトのひとつで、読み方は「アーキキャド」です。

開発元は、GRAPHISOFT(グラフィソフト)社という、1982年に設立されたハンガリーの企業です。1987年のArchicadの販売開始により、建設・建築業界のCAD開発に大きな転機をもたらしました。建設業界においてトップクラスの地位を確立し、現在では世界108カ国27言語に対応しています。

Archicadは建物の企画・設計・施工・維持管理のライフサイクルにおいて、大きな革命をもたらしました。従来主流であった図面(CAD)やパースソフト、表計算ソフトの管理可能な範囲を画期的に拡張し、建物を構成するモデルに情報を付加できるようにしたのです。これが通称「BIM」データです。

Archicadは、30年間蓄積されたノウハウとさまざまな独自のソフトウェア技術により、機能が最適化されています。


体験版はある?  無料で使える?  

現在、無料版はリリースされていませんが、体験版ライセンスを取得すれば、30日間Archicadの全機能を無料で試せます。

また、体験版で作成したファイルは、通常版購入すれば30日間の体験期間が過ぎても、同じコンピュータで使用し続けられます。ご検討の方はこちらからお問い合わせください。


購入価格

購入価格は以下の通りです。

Archicad 25 (Win/Mac)

本体価格:1,016,400円(税込)
Archicad 25 Solo (Win/Mac)
本体価格:   508,200円(税込)

*グラフィソフトHP参照 2022/08/10 時点(https://graphisoft.com/jp/buy-archicad/price
*2022年第2四半期において価格が変更されました
*価格は変更される可能性があります。最新情報は別途お問い合わせ下さい。



Archicadで出来ること

建築プロジェクトの円滑化

Archicadで作成したBIMデータを用いることで、2次元CADで表現していた線・面の集合体と比べて、情報管理の効率が大きく飛躍します。建設プロジェクトに関わる全ての関係者たちが、情報を追加したり、参照したり出来るようになるので、コミュニケーションもスムーズになります。

さらに、意匠から施工での建設プロセスにおいて、情報の受け渡し時や、建物所有者・管理者間のプロジェクト処理時に、建物情報の共有が洩れてしまうというトラブルも、未然に防止できます。


優れたビジュアリゼーション機能

レンダリングやウォークスルーなどの機能を使って、図面情報を可視情報化することができます。

また、模写した手書き風のレンダリングを生成することで、3Dモデルを画像として非常にリアルな表現を作り出せます。材質カタログから材質を追加すれば、クライアントの要望に近い仕上がりを再現することもできます。

さらに、Archicadに組み込まれたMAXON社のCineRenderレンダリングエンジンを使うと、より高品質なレンダリングを作成できます。



多くの解析ツール

Archicadに組み込まれる解析ツールを使用することで、設計の初期段階で「干渉チェック」や「不整合排除」を実行し、問題を解決できます。この結果、生産性を大幅に向上させられます。また、他ツールと連携することで、ルール順守や設計品質の改善にも繋がります。


  • エラーチェック
  • 省エネ設計
  • 設計要件の管理
  • 意匠・構造・設備などの建築情報の電子化


自由な設計デザイン機能


形状にとらわれず、どのような形状も自由に設計できます。なかでもArchicadの特徴的なポイントは、複雑な要素でも容易にモデリングできるという点です。

また、壁、梁、スラブなど実際の建物要素を表すツールも豊富に用意されているので、創造的かつ生産的に楽しく設計できます。



ここがポイント!

  • 情報管理がしやすくなり、共有漏れ等が圧倒的に減る
  • ビジュアリゼーション機能があれば、関係者間で認識がそろう
  • 魅力的で説得力のあるプレゼンテーションができる
  • 多くの解析ツールが利用でき、初期段階で問題を解消できる
  • 形状にとらわれず、自由にモデリングができる



Archicad はこのような方々におすすめ

建築設計者

数あるBIMソフトウェアの中で、Archicadはプロフェッショナル向けに位置づけられ、建築設計者に必要な機能はすべて備えられています。デザイン案の作成や比較、図面作成の自動化、チームワーク、プレゼンなど、建築家にとって非常に使い勝手の良いソリューションです。特に、形状にとらわれず自由に設計できる​​​​​​​Archicadは、デザインを重視する意匠設計者にとって最適なツールです。


エンジニア

エンジニアと建築家が、統合データを使い共に作業できるので、それぞれが離れて作業することも可能です。リアルタイムのコラボレーションを行い、プロジェクト進行を「一本化」すれば、時間やコストを大きく削減することができます。また、シームレスに連携するパートナーによるアドオン・ソリューションも豊富にありますので、作業で使用するソフトウェアを自由に選択できます


建設会社・施工関係者

プロジェクトの最新情報へのアクセス、問題点の検出と解決、建設費の管理、スケジュール遵守のサポートなど、あらゆる建設会社や施工関係者のために役立つツールを連携することができます。


オーナー、クライアント

タブレットやモバイルデバイスがあれば、他のソフトウェアを追加しなくても、プロジェクトに参加し、情報を共有できます。さらに、BIMxを使うと、BIMモデル内をゲームのように移動し、建築空間をリアルに体感できるので、専門的な知識がなくても設計段階で完成イメージを共有できます。


地方自治体

OPEN BIMを利用することで、関係者を結び付け、プロジェクトを円滑に進めることができるようになります。地方自治体、政府、規制機関にとって重要なポイントとなる、ワークフローの透明性、継続性、そして建設資産に関するデータへのアクセスが可能です。


プロジェクトに関わる人すべてに使ってほしい!


Archicadを使うべき人の特徴

  • メンバーと連携しながらプロジェクトを進めたい
  • オリジナリティのあるデザインを自由に設計したい
  • 建築設計者が使う機能をマルチに備えたBIMを使用したい
  • 他のツールを連携して使用したい


Archicadを実際に操作するなら無料セミナーに参加しよう

導入前に一度Archicadを操作してみたいという方はこちらのセミナーがおすすめです。以下のリンクから、受講日の確認・申し込みができます。


  セミナー|ICT&CAD/CAM/CAE/BIM ABKSSのセミナー情報ページです。ICT&CAD/CAM/CAE/BIM/FA/管理システム/クラウドサービスの専門知識や豊富な経験を兼ね備えた私たちが、貴社の最良のパートナーとして伴走します。 株式会社エービーケーエスエス


ここがポイント!

  • ライセンスがなくても操作を体験可能、手ぶらでの参加も可能
  • 1名様から受講が可能
  • オンライン開催可能
  • 開催日程が多く、予定を合わせやすい

株式会社エービーケーエスエスは、グラフィソフト社 「SALES EXCELLENCE AWARD」受賞企業です。


おわりに

この記事では「Archicadで出来ること」「Archicadを使うべき人の特徴」について説明してまいりました。Archicadは設計士はもちろんのこと、プロジェクトに参加するすべての方にとってメリットが多くある、ということがご理解いただけたと思います。本記事が皆様の参考となりましたら幸いです。


  Archicad|CAD、CAM、ITソリューションのABKSS 「Archicad」は、30年以上の間、BIMとしての機能性、使いやすさ、導入のしやすさを考えて開発されているソフトウェアです。建築業界における設計、施工のさまざまな段階で業務を効率化し、プロセスを円滑化します。設計者はよりデザインに集中できる環境が与えられ、施工現場では生産性の向上をサポートします。 株式会社エービーケーエスエス




CONTACT

ICT&CAD/CAM/CAE/BIM/FAソリューション
お悩みはまとめてABKSSにお任せください

お電話でのお問い合わせはこちら
ご不明な点はお気軽に
お問い合わせください。
各製品の体験版を
ご用意しています。
各製品のカタログ・資料を
ご用意しています。

Ranking
人気記事ランキング

Tag
タグ一覧